スポンサーリンク

外遊び屋です。
DODさんの興味の多様さには頭が下がりますね。
先日も変わったシュラフを販売され

スノシューなども販売を開始されています。
そして今回出されたのは・・・

釣り用のテント

これだけならさすがの外遊び屋も興味を持ちませんが・・・
今回の名前は・・・「サブマリンテント」
潜水艦です(^^
外遊び屋・・・実は
「レッドオクトーバーを追え!!」という
ショーンコネリーの映画を見て以来のサブマリンファン!
これが食いつかない訳がない!
しかも・・・見かけだけじゃないのがこちら。
詳しく見ていきたいと思います。

1.外観

では商品を見ていきましょう!
このサムマリンテントはサイズが2種類あります。
MとLのサイズですね。
Mはテント内サイズが190×190×165とちょっと
ソロキャンプにも狭いため、
Lサイズをご紹介いたします(^^
まずは外観から!

(出典:DODさんの公式HPより)
まさに無骨!
そして・・・この窓・・・
まさにサブマリン!というより・・・
ちょっと南極越冬隊のテントみたい(^^
そしてスカート付きなので寒さ対策も大丈夫そう。
流石雪中の釣り用テント使用ですね(^^
しかし見た目だけで欲しいと思っている物ではありません。
もっともよいと思ったのが・・・・

(出典:DODさんの公式HPより)
この解放できる場所の広さです。
それぞれにメッシュが付いていれば夏用のタープとしても
使えるなぁって思ったのですが、
そこは冬用の釣り用なのでないみたいです
まぁ当然ですね。基本的にはこの開口部から釣りをするわけですから(^^;
冬用なのにそんなに開口部が魅力的?という疑問も当然。
というのも・・・

薪ストーブのインストールが簡単そう

現在我慢しておりますが、薪ストーブの導入もあきらめたわけではありません。
薪ストーブの煙突を出すのに色々工夫されているので、
これだけ開口部があれば・・・どこでも出せそう(^^
そして・・・・メッシュ付きの開口部もあるので
換気も簡単ですね。
これなら・・・
開け放ってしまえば中で小さな焚火なんかもできそう・・・。
お座敷スタイルの囲炉裏スタイルが出来そうですね(^^
なんだか・・・いいなぁ・・・(^^

スポンサーリンク

2.サイズ


(出典:DODさんの公式HPより)
サイズは305×210ですので・・・
ギリギリ2人のコットが入るサイズですかね。
中でぬくぬくと楽しめそうです(^^
家族連れだとちょっと狭いですね。
ただ・・・寝るのではなくタープとしてなら
ゆっくり過ごすスペースを作れそうです(^^

設営

そして・・・
ワンタッチで簡単設営です。
これがもっとも大きい要因ですね。
設営が簡単というのが外遊び屋がもっとも欲しいと思った要因。
このテントの設営が簡単ならば・・・
最近のだらキャン▼スタイルに合いそうです(^^
到着して15分で設営完了!ダラダラ開始!
こんな魅力的な事が(^^

3.最後に

これでお値段は3万円です。
ちょっとどうみるかな~っていう値段ですね。
他のテントとの価格比較もしたいし・・・
先日車用のテントを買ったところですから・・・
いまテント系を買うのもなぁ・・・
というのもテントは年間1張りまでと決めております。
なので・・・ちょっと手が・・・
あ・・・でももうすぐ年が変わるから・・・
買っちゃう??(笑)

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事