スポンサーリンク

外遊び屋です。

最近ずっと探していたステンレスボトルのシングルウォール。
直火で湯を沸かして飲むという事をやってみたくて
ずっと探していましたが・・・
購入しました!
Klean Kanteenボトルリフレクト

中々のものですよ。
今回はこのボトルリフレクトをレビューしてみたいと思います!

1.ボトルで湯を沸かす理由

外遊び屋も・・・

普通のアルミボトルで湯を沸かすことがありました。
このやり方の良いところは水の運搬と湯沸かしが
同時に出来るんですね。荷物の軽量化にもなるし。
結構使いやすいんですよね。
ただ・・・このやり方・・・ボトルは使い捨てだと
思っていたんですね~。
それをヒロシちゃんねるで使い回しでやっていたので
便利だな~って思いました。
という事で、ある程度の水が運べること、
繰り返し使える強度があることが必須条件となりました。

スポンサーリンク

2.Klean Kanteenボトルリフレクトを選んだ理由

色々あるボトルの中でこのKlean Kanteenボトルリフレクトを選んだには
理由があります。
まずは・・・高熱に耐えそうなこと。
ステンレスボトルは安価な物では1000円程度からあります。
強度的には問題ないのですが・・・熱するのでちょっと不安もあるんですね。
なので、強度が期待できるという点も選んだ理由です。
またサイズも532mlと800ml二種類あり800mlは
外遊び屋の使い方に良さそうな大きさなんですね。
そして・・・ボトルの美しさ。
立ち姿が最終的に決め手となりました

3.細部紹介


この感じ・・・無骨ですね。
ロゴもレーザー加工の為あったまっても
はげることが無いようです。
有難い(^^

蓋も竹で加工されています。
無骨の中の雅。まるで戦国武将の様です(^^

中もシンプルな作りになっております。
これなら・・・安心して使えそうですよ(^^
ちなみに・・・

説明書には火にかけないで下さい的に書かれています。
なので・・・これは自己責任ですね。
火にかけて使用するのはご注意ください。

4.オプションパーツも購入

正規品のオプションではありませんが・・・・

吊り下げるオプションも購入です。

こんな感じ。

開くとボトルの中で引っかかるようになります。
早速装着すると・・・

こういった感じです。
うん!良さげ!!(^^

5.実際使ってみる

実践投入です(^^

炭火の使用の為ちょっと遠火で使っています。
この日は風もあったので・・・
湯が沸くのに10分以上かかりました。
遠火な事もあり・・・
じわりじわりと小さな泡が出ていく感じ
醸し出すようで風情を感じましたね(^^
また三分の一程度の水しか入れてなかったからか・・・
湯が沸いても上の首部分はそれほど熱くなかったです。

なんだか・・・いい感じで出来ました(^^

6.最後に

炭火は高温な上にオガ炭はさらに温度が高くなるので
調整して使いました(^^
焚火だともっと早く湯が沸きそうですね。
吊るしても・・・良い感じです。
これなら・・・もっと早くに買っても良かった(^^
次回の焚火が楽しみですね。

焚火で使う場合には・・・
吊り下げる場合にもこちらのアイテムも。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事