スポンサーリンク

毎度毎度DODさんにはびっくりさせられますが、
今回も・・・そう来たかという感じです。
12月を迎えようとする昨今。
キャンプに限らず寒さ対策は要です。
そんな中に飛び出した新製品ポンシェラ、ジャケシェラ!
結構遊べそうなのでご紹介したいと思います!
いや・・・これは焚火に特化した寝袋です。
寝袋が焚火に特化??
面白い!

1.共通点

まずは写真から
 ジャケシュラ 主な特徴
(出典:DOD公式ホームページ

 ポンシュラ 主な特徴
(出典:DOD公式ホームページ
この二つ。
既にお分かりいただけるかと・・・。
ご紹介しているのは「寝袋」です!
なのに・・・「着てる」
人型の寝袋はありますが・・・
普段使いとして着ております。
これは・・・!
おもしろい!
ジャケの方は普段でも切れそうなデザイン!
ポンチョはあったかそうです!
ウェアブル寝袋と言ったところでしょうか(^^
ちょっと面白い!
そして・・・素材がポリコットンなんですね(^^
そう!はやりのポリコットン!
ここまで来たか~って感じですが、
着たまま焚火にあたることも可能。
加えて・・・服が煙臭くなったり、火の粉で穴が開いたりする
心配がありません(^^
これは・・・ちょっと便利です。
寝させてくれない寝袋!(^^

スポンサーリンク

2.ジャケシェラ

まずはジャケシェラから。
前出の写真の通り普段はジャケットとして使えます。
これでは・・・
寝る時どうするの?って思いますが・・・
ご安心してください。
ジャケシュラ画像
(出典:DOD公式ホームページ)(出典:DOD公式ホームページ
下半身部分が装着して寝袋になります。
これで・・・足先まですっぽり(^^
スペック
適応温度:5℃から
使用推奨サイズ:~175cm
推奨ウエスト:~90cm
収納サイズ:W60×D22×H22cm
となっております。
適用温度が5℃からという事は、
寒いときにこれだけで寝るのは難しそうですね。
寝袋として使えるのは秋までといったところでしょうか。
また175cmで90cm以下となると・・・
ちょっと大柄な方にはきついかもしれません。
また・・・
中央部のファスナー等は冷気が入ってくる要因になります。
やはり・・・寒さには弱い寝袋になりそうです。
公式HPでもポンシェラと使う事を推奨されているので
メインの寝袋として使用は難しそうです。
でも・・・着れる寝袋。
普段のジャケットとして使える12,000円程度となると・・・
ありかなって思いますね(^^

3.ポンシェラ

続いてこちら
 ポンシュラ サイズ画像
(出典:DOD公式ホームページ
こちらは構造が簡単ですね。
封筒型の寝袋の中央部に穴があり、
そこから頭を出す構造ですね。
ちょこっと羽織るのにちょうど良さそうです。
つづいてスペック
適応温度:2℃から
サイズ:W80×D183cm
収納サイズ:W60×D25×H25cm
となっております。
普通の封筒型のサイズですが、
2℃まで対応できるのはありがたい!

4.推奨事項

こちらは公式HPにも書かれていますが・・・
2つを同時使用することが可能です。
こうすると・・・普通の冬用寝袋として使用できそうですね(^^
ちなみに御値段は
ジャケシェラ:12,800円
ポンシェラ:10,200円
どちらも程度とお考え下さい。

なので・・・22000円の寝袋でカスタマイズできると
考えても良いかもしれません。
外遊び屋的には・・・
キャンプ場では焚火をあったかくなるポンシェラ、
普段使いもできることを考えるとジャケシェラですかね。
ここは・・・迷う!

5.最後に

ちょっとジャケシェラは購入検討中です。
ポリコットンのジャケットもいいかなって。
ただ・・・被るタイプなのと・・・
寝袋使用時に着脱が面倒そうっていうのも
感想として持っています。
でも・・・ジャケット買うと思ってのいいのかな・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事