スポンサーリンク

冬キャンプに入りますね~。
準備はいいですか?
寒さ対策に関しては
キャンプの重要事項は寒さ対策!無電源でもあったかく過ごす方法!
に詳しく書いておりますが、
冬キャンプの課題はそれだけではありません。
キャンプの楽しみの一つの「薪」
ですね。これの手配がまた色々。
毎回購入するにも購入場所が要るし、
自分の焚火台サイズに合うのかなどなど。
大きな問題もあるのですが・・・
今回は運搬についてです。
薪は車に乗せると周りが汚れる。
でも手運びは重い!
この解決に向けて動きたいと思います。
既製品も多いので不便に感じている方も多かったんですね(笑)

1.課題

薪はお店で買ったり、人から貰ったりも多いと思います。
またキャンプ場で買えなかったり、高額だったりすることも。
やはり納得いくものを買いたいものですが、
運搬が大変です・・・。
①車が汚れる
②針金で巻いてあるだけで運びにくい
という二つの課題があります。
ここを中心に問題に取り組みたいと思います。

スポンサーリンク

2.既製品を見てみよう

やはり・・・まずは既製品から見ていきたいと思います。
正直・・・結構出てるんですね。
みんな困ってるんですね(^^
なんだか安心します。
まず最初はDODさん!

痒いところに手が届くDODさんですね。
見た目も良いし頑丈そう。
しかも薪運びの他にも足がついており、
そのまま薪置きに使え、チェアに座って焚火の管理に
ぴったりの高さですね。
ただ・・・車に乗せた時には薪くずが漏れるんですね。
ここがちょっと心配です・・・
次に注目が
ロゴスさん。
見た目はいいんですが・・・幅が30cmとちょっと狭いかな。
まぁ薪も40㎝程度のものが多いので問題ないかもしれませんが
ちょっとスタイリッシュすぎて逆に心配ですね・・・。
薪くずも車に落ちるし・・・
となると・・・
ブランドは分からないのですが、
帆布で出来ており薪をすっぽり覆えるサイズです。
これなら薪くずが車に落ちる心配がないですね。
帆布なので見た目も悪くない・・・。
ですが・・・あんまりピンとこない。

3.代用品を探してみる

既製品だけじゃイマイチピンとこないので
他の代用品も探してみました。
まずはDaisoさんのランドリーバックをみましたが、
これまたピンとこない。
いや・・・もっとアグリでごつごつした感じが欲しい!
って思いました。
その結果行きついたのが・・・

麻袋です。
農業用!この武骨さ!いいでないですか!

4.麻袋を検証してみる

この麻袋、別名ドンゴロス!
強そうです。
農業用としては収穫物を保管するのに
使用されたり荷物の運搬に使われるそうです。
一説には50kgも運べるとか・・・。
その重量が運べれば薪も楽勝ですね。
加えてサイズが60×100と
薪を入れるにも十分ですね。
40㎝程度の薪なら問題なく収まりますね。
とりあえず・・・購入してみました(^^

5.使えるように考える

大きさは60×100!
ちょっと大きいかなと思うので・・・

半分を中に織り込んでみました。
これで・・・60×50のサイズになります。
しかしこれはもう一つの懸念事項の備えです。
前項より車に薪くずが落ちるのを気になるんですね。
麻袋は目が粗いのでそこからこぼれるんじゃないかと。
これを二重にすることで緩和できるんじゃないかなと
考えました。
またいくら丈夫な麻袋とは言え、角のある薪も多いので
二重にすることで傷みにくいのでは・・・と思っています。

何となくごつくなりました(^^
これに薪を入れてみます。

近くの木材屋さんからいただいた端材。
良い感じで入ります(^^

かなり余裕があるのでたっぷり入りそうですね。
課題は・・・取っ手です。
現在・・・
高儀 Pearl 両面ハトメ玉 12mm #28 25組入 No.111-ADaisoさんでもあるこれを使い
ホームセンターのロープで作ろうかと
思っていますが・・・。
今は無くても平気かなぁとも思っています。
意外と持ち手に苦労しなかったので(^^;

6.最後に

結構気に入って使っています(^^
オシャレでない所がポイントですから(^^
しかも袋が400円。ハトメとロープを買っても
800円もかからない程度ですからね。
値段的にも魅力的。
他の荷物運びや、ナイロン袋隠しにも使えるなぁと
考えています。
ちょっと素材として気に入りました(^^

あ・・・ネットだともっと安い!!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事