スポンサーリンク

アルミクッカーをずっと探しております。
焚火に出来る物も探しておりますが、
コンパクトになるものも探しているんですね。
というのも、
オートキャンプはともかく、カヤックキャンプでは
小さい荷物になることが必須条件だし、
ソロキャンプでは荷物をたくさん広げるのは
外遊び屋のスタイルではないのですね。
なので・・・ゴロゴロクッカーを持たずに小さく収めたいんですね。
それで新しいシングルバーナー購入を考えていましたが・・・
ふと目に留まったジェットボイル。

よく考えればバーナーも入るクッカーではないですか(^^
これをちょっとどう使えるのかレシピも比較しながら
分析していきたいと思います。

1.これまでの扱い

ジェットボイルも所有して5年程度前です。
しかしここ3年ほどは出番がありませんでした。
というのもジェットボイルは湯沸かしのみという
イメージが取れずにいました。
元々の購入理由がカヤックキャンプでのカップ麺や
コーヒーを淹れる為のものでした。
調理をする事は知っていはいましたが、
後日湯を沸かした時に臭いが移るのが嫌で使わなかったんですね。
やがてオートキャンプが増えるとアイテムをたくさん運ぶようになり
湯を入れにくいジェットボイルは使用頻度が減っていき・・・
ついに二軍扱いとなり眠っていたんですね。
やはり・・・使えないアイテムはないという事ですね。
使えないのはスタイルの違いと知恵の無さ!
このジェットボイルをクッカーとして使いたいと思います。

スポンサーリンク

2.ジェットボイルとは

ご存知ない方のためにジェットボイルについて簡単に。
ジェットボイルは熱効率により沸騰が早いクッカーです。
下面に蛇腹のような構造があり、そこで熱を受けることで
効率的に湯が沸きます。
2カップ分が一分少々といったところですね。
これによりガスの消費が抑えらるわけです。
早く湯を沸かしたい方には良いクッカーですね(^^
加えて・・・

この中にバーナー、ガス、五徳がすべて入っています。
外は鍋な上に、周りには断熱材が巻いてあるので
使いやすいクッカーですね。
ただ・・・湯沸かし器の固定観念と
火力が強いことが今までの使用の幅を狭めていましたね。

3.レシピを比較検討

ジェットボイルはアルミクッカーとバーナーの
オールインワンのクッカーと考えると一気に
案が出てくるのが不思議な物ですね。
レシピを考えるにあたり、
やはり形状が問題になってきますね。
クッカーで炒め物などできればいいのですが、
残念ながら、湯沸かし機能に特化しているため
クッカー部分がほぼ筒状態なんですね。
なので・・・
フライパンとしては使えそうにないです。
ここは・・・「鍋」という機能を最優先に考える
べきでしょう。
しかしこれでは芸がありません。
もう一つ注目したいのは・・・注ぎ口。
これは・・・湯切りが出来るという点で
調理に便利そうですね。
この辺り・・・
使っていきたいと思います。

4.レシピ

①コフキ芋
茹でて湯切り・・・で思いついたのが粉吹き芋!
簡単ですね。ジャガイモ切って塩水で湯がいて、
湯を切って鍋を振るだけです。
そりゃ・・・簡単にできますよ。
ただ・・・外遊び屋は思いました。
「キャンプでコフキ芋作っるってちょっとシュール過ぎん??」
で結局は失敗となるところだったんですが・・・
ここから思いつきました。
芋が湯がけるなら・・・
ウィンナーを入れてジャーマンポテト風とか、
人参も一緒にいれてマヨネーズであえて、ポテトサラダ風とか。
まだこれは試していませんがバリエーションが広がりそうです。
ただ・・・弱火でコトコト煮るのは苦手なクッカーですので
なれは必要ですね。湯が吹いてきますから(^^;
ご注意ください。

②パスタ
ラーメンなども考えたのですが、あんまりおもしろくない。
なので・・・パスタですね。
アウトドアの優秀な非常食。
これなら・・・湯がていて湯切りもできれば
簡単じゃないかと。
これ・・・ちょっと上手にできたので
次項で詳しく行きたいと思います。

5.ジェットボイルでパスタ

まずは第一回実験です。
最初に・・・

水を5分の4程度入れて湯を沸かし
パスタを投入!
湯がたっぷりなので沸くのに3分以上かかりました。
やっぱ多量の湯沸かしは苦手なようです。
これに・・・
パスタ2束投入。ちょうど入ります。
いい感じ。
パスタの湯で時間は5分!
その間に・・・

上にソースを乗せて温めます。
しかし・・・ここでトラブル!
コフキ芋の時以上に水の循環が悪くなったせいか・・・
急に湯がぼこぼこと噴出!

あちー!!

火を緩めると消えちゃうし、微調整が難しい!
悪戦苦闘を繰り返し・・・なんとか茹で上がり。
湯を切るのは・・・簡単でした(^^

いい茹で加減。
これに・・・

ソースを入れて・・・

かき回したら出来上がり。
下の方がかなり熱いので火傷に注意しながら
お召し上がりください。
とりあえず・・・できることは分かりました。

第二実験
さて・・・翌日も実験です。
今回は・・・湯の量を4分の3程度に落としました。

弱火の調整にも慣れてこともあり・・・
いい感じで湯がさります。
湯の量が少ないのでパスタ投入時の温度は下がりますが、
沸くのも早いので美味しいパスタが湯がけれそうです。
また・・・

カルボナーラ。
前回のソースは事前に温める必要があったので
蓋状態になって急な沸騰があったのかもって思い、
今回は温めずに済む物を選びました。

無論・・・うまい!
大分コツをつかんできたように思います。

第三実験
次はアレンジを効かせたいと思っています。
まずは湯がきますが・・・この湯の量は分かりました(^^
湯がさったところで

ツナ缶を入れます。
画像はまだ湯がいている途中ですが、
湯きりしてからいれてください。
そして・・・

コンビニのサラダのドレッシングを一袋。
ドレッシングだけ買っていると変な目で見られましたが、
これであっさりパスタです。

もう少し色合いが欲しいところですけどね(^^;
これ・・・かなりさっぱりして美味しいです。
コンビニのドレッシングは多数種類があるので
気分で使うと楽しめますよ(^^

6.バーナーとしての機能

鍋としてとりあえず使えることは分かりました。
次は・・・バーナーですね。

こんな感じの五徳が付いております。
これを・・・

広げて使います。
外遊び屋は最初に広げずにつけようとして
苦労しました(^^;
広げると簡単に・・・

装着出来ます。

安定しておくことができます。
ちなみにジェットボイルの高火力はなべ底の蛇腹で
熱を発揮しているので、普通のバーナーとしては
別段高火力ではありません。
ただ・・・普通に使えます。
ほんと・・・
新しくこれ用にジェネリック買わなくてよかったって
思いますね。

7.最後に

ジェットボイルがクッカーとして使えるかやってみましたが
正直これは遊べるぞって思っています。
湯がいて湯切りが簡単っていうのは秀逸だし・・・
五徳を中に設置して蒸し物なんかもできるなぁと考えています。
まだまだ・・・考えられそう。
いや・・・ジェットボイル。湯沸かしだけだともったいないですよ。

スタンダードで外遊び屋が使っているのもこのタイプですね。
しかし・・・
調理に特化したものや
フライパンなども出ているので、ニーズに合わせてカスタマイズできます。
とりあえず・・・一通り遊んでみてから(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事