スポンサーリンク

寒くなるとガスが気化せず
火が着きにくい・・・ということが増えてきます。
チャッカマンも使用しているとガスが減って
やっぱり火が着きにくくなりますよね。
ちなみに外遊び屋は様々な経験から
着火の為の物を2種類2個以上は持つようにしています。
経験では・・・
・チャッカマンのガス切れ
・低温による気化しない
・着火の火花が散らない
・何故かレバーが動かない(砂?)
などなど・・・
まぁハードなキャンプや回数重ねていると
よくあることと思います。
なので・・・今回は新しい着火の可能性として
電子ライターを考えてみたいと思います。

1.電子ライターとは

まずは簡単に電子ライターって何って所から。
今までよく見ていたのは
電子ライター 点火用ライター プラズマ 線香 アウトドア USB 小型 アーク GORMOLO 充電式 ledライト ガス・オイル不要 おしゃれ 火起こしライター タバコ  家庭 バーベキューお墓参り 防災グッズ 360度可動式 防風 軽量 薄型こんな感じのものですね。
充電式で使えて、電圧?で火花を飛ばしているようです。
炎は出ないようです。プラズマ式とかアーク式という
言葉で表現されるようですね。
なんとなくオールドスタイルのキャンパーにとって
炎が出ないというのは不安ですね(^^;
しかし新たなテクノロジーの最初というのは
こんな感じなんでしょうかね(^^

スポンサーリンク

2.メリット

電子ライターに注目したのには理由があります。
それがメリットになるわけですね。
1.温度に左右されない
最初に書きましたが、寒くなるとガスの気化も悪くなります。
火力が落ちれば火も付きにくいですからね。
しかし・・・電力ならその心配も少ないかなと思うんですね。
2.風の影響を受けにくい
これも着火の際の困りごと。冬には風が強くなり
これまた火が着きにくくなります。
これもプラズマ式であれば火種が付かないという事も
少なそうですね。
3.容易に充電可能
キャンプ時に燃料切れは滅多にないですが、
それでも想定されるトラブルの一つ。
しかし電子ライターならお手持ちのバッテリーなどで
とりあえずの充電が可能です。
なので・・・電池切れでもリカバリー可能ですね。
これもありがたいポイントかな~と思っています。

3.不安要素

無論、いい話ばかりではない。
ここは実験をしていないのであくまでも不安「要素」です。
①火が着くかどうか
タバコやお線香なら簡単に着火するでしょうが・・・
キャンプしようとなると、薪や炭が相手が多い。
つまり着火剤に火が着くかどうか・・・。
着火剤と言えば

松ぼっくりなどを使用しますが
これについてくれるか・・・
プラズマの力でこいつに火が着くかどうか・・・
火が着かなければ・・・ちょっと意味ない?(^^;
②漏電が怖い
何かと水回りが多いキャンプ。濡れることもしばしばですが・・・
感電しない??ビリっと来るのは嫌だぞ・・・

とまぁ・・・やっぱり不安はありますよね。

4.アウトドア用

とまぁ色々ありますが・・・
やっぱりアウトドア用もあるんですね。
それが・・・
防水電子ライター アウトドア USB 充電式・ガス オイル 不要/軽量 薄型 持ちやすい/無炎/防風 電気アークプラズマライター/旅行/誕生日などのプレゼントも最適こういったものですね。
どうやら防水使用なのでビリっと来ることはないようです。
ここはひとつ安心(^^
もう一つ・・・

Amazon商品ページより
プラズマ部分が露出しているので火はつけやすそうですね。
ただ・・・やはり薪やオイルランタンには不向きかな
って思いますよね・・・。

5.最後に

金額もそれほどではないので一度買ってみるのも良いかなとも
思っています。しかし・・・
火はキャンプの命なので、不安を抱える物を手元に置くのも・・・。
とも思わなくないですね。
もう少し情報を集めていきたいと思います(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事