スポンサーリンク

キャンプの時のケトルって結構重要です。
というのも・・・オーバースペックだと
水を浪費する可能性が出てきます。
水がいつでも使える高規格キャンプ場なら
水の使用量を気にすることはありません。
しかし・・・
冬になると閉鎖になるキャンプ場や
キャンプしてもいいけど水は止めてるよって
キャンプ場も増えてきます。
また無料キャンプ場では元々飲用禁止のキャンプ場など
水を持ち込みしなければならない事態もあるんですね。
となると・・・
水は大切に使いたいところ。
なので・・・人数に応じたケトルの大きさも必要ですね。
今回は必要な大きさと使い方を踏まえて考えていきたいと思います!

1.必要な大きさを知ろう

まずは・・・それぞれ必要な水量を考えていきたいと思います。
まずコーヒーなどとりあえず入れておきたい物から(^^
大体マグカップを使用することが多いと思います。
外遊び屋も

大体マグカップですからね。
このマグカップ。大きさはそれぞれですけども、
最大350mlくらいを考えてます。
というのも・・・
スノーピーク(snow peak) スノーピークロゴダブルマグ 330 MG-113Rスノーピークさんのこちらのマグが330mlです。
ドリップの時のロスなどを考えて多めに考えるんですね。

マグを使わずシェラカップだよって方もおられますよね。
シェラの場合はすでに書いておりますが・・・
通常サイズのMaxが300mlですね。
なので・・・250mlくらいを考えればよいと思っています。
なので・・・・
四人の家族でマグカップで朝のコーヒーを1杯ずついれるなら
1400ml以上の容量が必要になりますね。

さらに!カップ麺を作る場合!
スタンダードのものが一つ300ml程度です。
ガッツリ食べるよ~って方の大盛りバージョン。
例えば「ごっつ盛り」だと530mlの様です。
結構多い・・・。こうなると・・・
四人分作るには・・・2000ml=2lの容量が必要ですね。
この辺りの数字を参考に選んでいけばよいかと思います。

スポンサーリンク

2.素材を考える

次にケトルの素材を考えていきます。
とはいえ・・・アルミ、ステンレス、銅くらいですかね。
この3つなら購入しやすいし、焚火でもガシガシ使えますよね。
育てがいのあるのは・・・銅でしょうかね。
でもアルミも悪くないし・・・。
ステンレスの安心感も捨てがたいですからね。
こうなると・・・お好みですね(^^

3.ソロキャンを想定

この辺りから考えていくと・・・
ソロキャンだと、大盛りカップ麺とコーヒー一杯を
同時に沸かすことが考えられます。
となると・・・・
900ml程度のケトルがよさそうですね。
要領が小さいとそれなりに湯が沸くのが
早いしいいですね(^^
ちなみに外遊び屋のケトル

スノピさんのケトルNO1です。
素材はステンレスで内容量は900mlです。
ソロ用でちょうど良い大きさですね。
無論焚火で使えるし、鍋として使えるのも
良いところですね(^^
現在焚火で育てているのでいい感じになっています。

他にも・・・
一般的なこのタイプ・・・。
要領が600mlなので完全にソロキャン用ですね。
でも・・・ちょっと欲しくなるのがこのタイプ・・・

4.ファミリーキャンプ

ファミリーキャンプと言っても色々あるので
とりあえず4人を想定しますね。
4人ですので・・・カップ麺4つを考えると・・・
1,500mlほどのの容量が欲しくなりますね。
この条件で考えると・・・
コールマン ファイアープレイスケトル 2000026788コールマンさんのファイヤープレイスケトル。
スタンダードではこの辺りですかね。
しかし・・・これではキャンプ場で駄々被り!
ここで欲しくなったのが・・・

こちらが気になる・・・
容量が1900mlでファミキャンには良いサイズです。
素材もステンレスですから焚火での育てがいもあります(^^
形が寸胴に近いので、鍋にも使えそう(^^
この形が武骨で好きなんですよね(^^

5.大容量ケトル

グルキャンなどで欲しくなるのは大きな容量で
欲しくなるところ・・・。
外遊び屋もずっと欲しい物が・・・

この・・・武骨・・・
このアルミ感・・・傷ついても味になる感じ。
この感じがいいんですよね・・・。
ただ・・・容量が3l程度。
この大きさ・・・外遊び屋には完全にオーバースペック・・・
欲しいけれども・・・使わないなていう代物・・・。

6.最後に

キャンプケトルを必要要領を考えてみました。
ケトルも定期的に欲しくなるんですよね。
ケトルだけでなく他でも使いたくなるし(^^
ケトルの大きさに迷ったらご参考までに。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事