キャンプの寒さ対策にウールブランケット!分析してみよう!

Pocket

キャンプも寒さが対策が必要になってくる時期です。
アニメ「ゆるキャン△」でも寒さ対策に
ブランケットが出ていましたね(^^
実は外遊び屋もブランケット・・・というか
寒さを防ぐ布を探していました。
というのも・・・

最近キャンプで地べたスタイルにハマり、
地面でゴロゴロしながら焚き火をするのが
楽しみなんですね。
この時に問題なのが下からの冷え。
銀マットでの対策も考えていますが
それだけでは見た目も良くないので何か
良い物を探しておりました。
結果・・・現在行きついたのが「ウール」です。
これに行きついたいきさつとおススメをご紹介です!

1.他の素材の可能性 

実際ウールは値段が高いし、キャンプで使うので
痛みも激しいことを考えると、安価で良いし
ニトリやユニクロでいいかって思っていました。
しかし!
素材によっては火を扱うのに危険!
って聞いたことないですか?
一時期話題になっていたのがフリース生地。
状況によっては表面の起毛を炎が走る現象が
あると言います。
そういえば、キャンプ中もアウターでフリースを着ている事も
ないかも・・・。
それを考えると・・・フリースを多用するのは
火器の多いキャンプにはちょっと・・・と考えました。
また化繊も薪が爆ぜた時には穴があきやすく
こちらも炎上の可能性があるとか。
まぁ化繊についてはそれほど危険視していませんが、
イマイチ良い物が見つけられずにいました。

2.ウール素材 

そんな時に行きついたのがウール素材です。
まずは燃えにくく、断熱に優れると聞きました。
なので家の断熱材などにも使われるとか・・・
となると・・・
元々地面からの熱を遮断するために欲しい
外遊び屋の使用条件にマッチング。
さらに焚火に近いので燃えにくいというのは
有利な条件でした。
また・・・断熱に優れているという事は
保温が高い!暖かくなるでしょう(^^
また・・・外遊び屋が憧れるカウボーイが
焚き火の周りでごろ寝をする際に使用していたのも
このウール素材では?っていう気になってきました。
こうなると・・・
燃えにくいウール素材が外遊び屋の物欲を炎上させてくれます(^^

広告

3.キャンプでの可能性 

そこで実際にキャンプで使用できるか調べてみたところ・・・
どうやら「ミリタリー」スタイルの方には
昔からのお馴染みのアイテムの様です。
つまり・・・外遊び屋の勉強不足なだけで
既にキャンプで使われているアイテム。
となると・・・結構安心します(^^

4.キャンプでの使い方

外遊び屋が想定しているのは断熱です。
となると無論地べたスタイルでも効果を発揮してくれるし
コットの時にも威力を発揮してくれそう。
実はコットを焚火の近くにおいてのごろ寝は穴があくと
強度も心配なので使えませんでしたが、
これをかけておけば、断熱と防火の作用も期待できるのでは?
と思っています。
外遊び屋の「だらキャン」スタイルにピッタリでしょう(^^

5.デメリット

キャンプに良い要素ばかりの様ですが
デメリットもあります。
まず・・・高い!
高価な物は数万と結構高いんですね。
ニトリでも買える化繊とは違いますね。
更にメンテナンスが大変です。
水洗いが苦手なので臭いなどが付くとやばい・・・。
ということがあります。

6.メリット

とはいえメリットも大きいです。
まず既出の燃えにくい!保温性が高い!
この二点でもかなりのメリットですが、
撥水性が高いので汚れがつきにくいんですね。
さらに!
水分を放出してくれるので、
湿気ることが少ない!
地面に引くと・・・濡れるのが
温度差で結露が心配ですが、
それが軽減されますね。
この辺りも良いメリットです。

7.商品を探してみよう

早速Amazonで検索です。


結構安価でありました。
ただ・・・口コミはあまりよくないですが。
サイズは150×200・・・くらいだそうです。
これなら折り返して使えるので結構温かくなりそう。

ドイツ軍の払い下げとか・・・。
色がかっこいい!
これならどんな色にも合いそう・・・。

カウボーイも使いそうな柄(思い込み)
これはいいかも。

8.最後に

気をつけなければならないのが
ウールがどの程度含まれるか。
あまりにも低いと・・・効果が薄いようです。
ただ・・・ウールが多いと効果になります。
この辺りの見極め・・・大事そうですね。
外遊び屋的には・・・いまドイツに惹かれています(^^

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

「キャンプの寒さ対策にウールブランケット!分析してみよう!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です