OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

外遊び屋です。
先日ヒロシちゃんねるを見ていると・・・

アルミボトルをケトル代わりに使っていました。

外遊び屋も・・・

カヤックの時にはアルミ缶で
水を持って行き沸かすこともあります。
ただ・・・カヤックでの事と思ていましたが

ブッシュクラフトでは結構あることなんですね。
かなり・・・かっこいい・・・
アグリキャンパーとしては見過ごせない
かっこよさです。
今回は焚火で使えるボトルを探してみたいと思います!

1.クリーンカンティーン

直火でボトルで探していくと、
最初に行きついたのが・・・

こちらのクリーンカンティーンですね。
これ・・・いいかも(^^
しかも同じメーカーさんから・・・
こういったものも使えるようです。
メーカーさんなので安心して使えそうですが
直火OKとは書いてはないですね(^^;
ただ・・・使っている方は多いようです。

スポンサーリンク

2.どういったものが使えるか

このボトルから見ていると
焚火での使用条件が何となく見えてきます。
アルミやステンレスボトルなら何でもよいという
訳ではないようです。
まずは保温などが効くのは二重構造なので
使えません。
なので・・・シングルウォールというものを
選べば何とかなりそうです。
この観点から調べてみたいと思います。

3.750ml版

お値段もかなり格安ですね。
商品説明を見る限りでは作りもシンプルなので
使えそうです。
これは・・・結構ありそうだぞ

4.2本セット

500mlですが・・・

なんと2本組でお値段も1,700円程度の様です。
この値段なら・・・試してみる価値あり??

5.他の使い方

実は・・・もともと・・・
お酒のボトルを探している時に
ヒロシちゃんねるを見たんですね。
なので・・・
アルコールの持ち運びにも
便利ですね(^^
ちゃんと使用するにも水筒としても
かっこいいと思います。
カヤックをするときにはいいかも(^^

6.注意事項

気になる方のために一応。
どのボトルも直火で使えるとは書いておりません。
なので必ず使えるという保証付きではないんですね。
不具合が出る場合もあると思うので
使用する場合は必ずご注意ください。
また・・・
万が一ですが、熱で何か溶け出る・・・
っていう可能性は十分にあります。
気になる方は・・・やめた方が良いかも。
外遊び屋的には・・・
熱湯入れても大丈夫な「水筒」ですから
それほど心配はしておりません。

7.最後に 

ケトルを買えば済む話なんですが、
それではちょっと面白くないってので
試してみたいと思います。
買う・・・と思います。
間違いなく。
いや・・・かっこいいじゃないですか(^^

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事