スポンサーリンク

外遊び屋です。
先日依頼薪ストーブ熱が上がっております。
またインストールしたいテントも見つかったことで
購入したい形の薪ストーブがはっきりしてきました。
今までは価格重視のまぁそれほどの形のこだわりは
ありませんでした。
むしろ薪ストーブの上に鍋をおいて調理するという
行為自体に魅力を感じていたんですね。
今回は・・・
その欲しくなった形の薪ストーブと魅力・・・
そして断念せざる得ない事情までご紹介です・・・。

1.欲しい形 

やりたいスタイルは・・・山小屋の暖炉のイメージで
テントの際において(間隔はとってね)火を見ながら
くつろげるスペースを作りたい。
鍋にはシチューなどのスープを置いてコトコトと。
暖炉なんで横長・・・って思っています。
テントもロッジ型のような四角型をイメージしているので
壁際に薪ストーブ。後ろにコット。
薪ストーブに向けてローチェアなど。
って思っています。
う~ん

妄想が膨らむ・・・

スポンサーリンク

2.ホンマさんより

まずは・・・
薪ストーブを手に入りやすい値段で
提供してくださるホンマ製作所さん。
その本間さんの入門機

もろに・・・
理想でしょ?
これが屋内にあれば・・・
雰囲気出るでしょ?
しかし・・・まったく気にしていませんでした・・・
それが・・・

55kg

超重量!そういえば・・・家庭用なんですね。
家での据え置きが本来の使用条件。
55kgなんて・・・

持ち運べません(涙)
という訳で・・・

玉砕・・・散った・・・

3.笑’sさん

ホンマさんの失敗を胸に軽量も探してみました。
そこで見つけたのが・・・
笑’sさんですね。
焚火台の定評も高い!
この笑’sさんより
小さくコンパクトになる・・・

こちらです。
重さが・・・約6kgくらい。
横から薪を入れるタイプとはいえ、横面から
炎が見えます。
色が銀ギラですが、コンパクトになることも
考えると・・・いいなぁと思っていました。
ただ・・・説明を読むと・・・

※本製品はビギナー向けではありません

と明記されています。
え??超ド級のビギナーですが・・・
やっぱ購入はだめですか??
ここまではっきり書かれると、
手が出ません・・・

残念っ!

4.テンマクさん

憧れの焚火台「とん火」など
こだわりの製品を出すテンマクさん。
薪ストーブもこだわりですね。
それが・・・

こちら・・・持ち運びなども考えると
「ちび」の方です。
横からの薪の投入可能!
さらに上部には2つの火口を備えて
同時調理が可能!
加えて・・・
上2つの製品よりも10,000円以上安いというメリット付き!
いや・・・これかなぁと思いますが・・・

知人既に所有中!

てか・・・昔見せてもらって脳裏にあったんじゃないかな・・・
こうなると・・・被りますよね。
ありゃ・・・買う??

5.値段で勝負 

そんなときのお供に

なんと20,000円でりっぱな薪ストーブな上に
コンパクト収納可能!そして・・・炎も見えます。
煙突は別売ながら、本体も3kgほどと軽量です。
ただ・・・こちらも

※本製品はビギナー向けではありません

明記されています。
あぁぁぁ・・・外遊び屋は手を出すなって事ですね・・・
む・・・無念・・・

6.最後に

え~ とりあえず買えない理由と欲しい物を見て頂きました。
どれもかっこいいし、テントの中でなくても使いたくなるし
眺めたくなるデザインです。
まぁテント内で使う事に関しても
薪ストーブ初心者がキャンプで使うために建築士と販売員に相談した
で書いた通り一酸化炭素の対策などもできそうです。
で、熱は上がるのに・・・

この熱量をどこに持って行けば・・・

まだまだ探します!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事