OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

外遊び屋です。
ずっと・・・
ずっとこのブログで物欲をぶつけてきました。
ユニフレームのRevoベース300!
ついに・・・
触ってきました。
その感想と購入に関しての
見解を詳しく書いていきたいと思います。
正直・・・かっこいいです。

1.魅力 

最初のレビューは
2018年ユニフレームの新製品REVOベースが熱い!!
で書いております。
基本的にはワンタッチタープですが、
別売のサイドスクリーンをつけることによって
家型となり、シェルターやテントとして使えます。
これだけではそれほど珍しくはないのですが、
サイドスクリーンに窓と入り口が付き
さながらコテージのような様相になります。
加えてこのサイドスクリーンは2枚構成で
ファスナーによって着脱可能になっています。
さらに・・・スカート付き。
これは・・
隙間風が入りにくく熱を逃がしにくい。
無論ワンタッチタープなので設営も簡単・・・

ってくれば・・・欲しくなるでしょう!!
またこのタープのサイズは300×300なので
ゆったりとしたサイズがあります。
設営が簡単で中でまったりできるサイズと、
さらに物欲が上がるというもの!

さらにさらに・・・
300×300のワンタッチタープとして使えるので
キャンプ以外の局面でも十分に活躍できます。

家族が説得しやすい!

という事で・・・
お金を貯めております(^^

スポンサーリンク

2.やりたいスタイル 

このRevoベース300で外遊び屋がしたいのは・・・
煙突のある山小屋風にしたい!
REVOベースサイドウォール300
これに薪ストーブを入れて煙突だしたいんですね。
中ではコットとロースタイルのチェアで
おこもりキャンプを楽しみたい!
と考えております。
イメージ的には・・・ハリーポッターのハグリットの小屋。
それをやりたいんですね。

3.実際触った見てきた感想 

実際に見てきた感想です。
まず・・・色がもっと濃いです。
もっと色の淡いナチュラル系かと思いましたが
結構「茶」という感じですね。
特に問題はないです(^^
ただ・・・ここでネックの問題が発生・・・
それが・・・

収納が大きい!
最初に気付くべきでした。
収納サイズは
「20×20×130」です
正直もっと大きく感じましたが・・・。
車の室内幅って150cmくらいなんです。
軽自動車になると140cm切るようになります。
下手をすると軽自動車では積み込めない可能性が
出てきますよね。
幸い室内幅は外遊び屋の車はクリアしているんですが・・・
こうなると荷物の一番下に来ること間違いなしですよね。

そしてもう一つが・・・
重い!
これも気付くべきでした。
重さ約15kgなんですね。
まぁそれくらいなら大したことないな~って
思っていたのですが、このサイズの15kgって
結構持つのが大変なんです。
20kgの米袋なら抱えていけますが、
それより5kg軽いはずのこいつはバランスが
必要になるのでさらに重く感じるんですね・・・。
これも盲点でしたね・・・。
車を横付けできるサイトならともかく・・・
これをもって数百m歩くは・・・かなり辛いです(^^;
ちなみに外遊び屋が使うムーンライト7型が8㎏なので
余計に重く感じたのかもしれませんね・・・。

4.検討中 

ビジュアル!機能!価格!
どれをとっても文句のない物です。
外遊び屋の新しいスタイルに是非取り入れたい!
加えて言うなら・・・
おこもりスタイルなら最悪庭でもキャンプ気分に
なれそうじゃないですか??
これって大きなメリットなんですよね~。
庭キャンプに新しい可能性が・・・

5.最後に 

現物を見るとやはり色々分かりますね~。
魅力もネックもしっかりと感じ取りました!
実際外遊び屋にとって、大きくて重いというのは
かなりのマイナスポイントなんですね。
しかし・・・使い勝手とビジュアルを考えると
欲しい!
どうするべきかはまだまだ考えますが・・・。
ワンタッチタープとしても優秀ですから・・・
一個あってもいいかな・・・・。

セットで45,000円。

欲しい・・・

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事