SOTOのシングルバーナーを徹底分析!CB缶最強のST-301

Pocket

外遊び屋です。
ハマるアイテムって結構あると思いますが、
その一つにシングルバーナーがあるんですよね。
特に外遊び屋はコンパクトっていう言葉に弱いので
かなりシングルバーナーは魅力的です。
まだまだ買いたいものがあります。
しかし今回は・・・使いやすいシングルバーナーないかなって
探している方に胸を張っておススメできるSOTOさんの
ST-301!
既に使用歴は6年は経過しておりますね。
それでも健在です!これを熱く語りたいと思います!

1.基本スペック 

まずはSOTOさんお公式ページより基本スペック
まず大きさ!
幅190×奥行176×高さ83mm(使用時・ゴトク+点火ボタンのみ)
幅160×奥行100×高さ90mm(収納時)
基本的には手のひらに収まるサイズです。
畳むと・・・エンタープライズ号のような形になります。
お分かりいただける方だけで(^^

こんな感じです。
またガス缶が本体から30cm程度離れますので
大きな鍋も使用可能です。
こちらもデータによると
直径25センチまでの大なべが使用可能!
これはね・・・ニトリの大きい方のダッチオーブンと
同じくらいです。

つまり!

これなら10インチダッチオーブンが使用できます。
ダッチオーブンが使用できるシングルバーナー!
魅力でしょ?

2.高火力! 

シングルバーナーの難点は火力が弱い事でした。
しかしこのST-301は3,200kcal/hという高火力です!
CB缶ではもっともつよいのでは・・・と思っています。
ちなみにイワタニさんの名品「風まる」でさえ3000kcal/hですので
それよりも火が強いんですね。
なので・・・調理の幅も広がります。

3.火点の広さ 

火点という言葉が正しいか分かりませんが、
火が出る場所の大きさですね。
これが広いので・・・均等に火が通りやすいんです。
鍋全体を熱することができるので
鍋の対流もスムーズです。
これね・・・意外と他のシングルバーナーは狭いんです。
個の広さは調理上でかなり有利です。

4.使い勝手 

外遊び屋が購入した理由は、まだカヤックのガイドの時でした。
ワンデイツーリング時にパスタを出したくなったのですが、
持っていたシングルバーナーでは火力が低い上に
飯盒を覆うだけの火点が無いので湯が沸きづらく
パスタが旨く湯がけなかったんですね。
これが一気に解決したのがこのST-301でした。
火点が広いので湯が一気に沸いて、対流で鍋内の温度が
下がりにくいのでパスタがちゃんと湯がけました(^^
また・・・
お米を炊くにも便利ですね。

5.欠点 

ただいくつかの欠点があります。
まずガス缶へのアタッチメント。
これがつなげニクイ!ちょっとしたコツが必要です。
外遊び屋は缶を押し込みながら回して締めこまないと
ガスが出てきません。これが慣れるまでに時間がかかりました。
また・・・

五徳が3本なので鍋などが安定悪いんですね。
メスティンとの相性はあんまりよくなかったですね。
しかし!これは簡単に解決しました!

ユニさんのバーナーパット!

ピッタリサイズで
かなり安定しました。
これは・・・全然違いますね。

広告

6.ちょっと作ってみる 

バーナーの実験として、メスティンで
パスタを作ります。
メスティンのパスタはくっつかないように
結構つつくので安定が良くないと作りにくいんですね(^^
早速!

具材を入れて・・・

味噌を入れます。
ちなみにメスティンは大体リベットまで水を入れれば
問題は解決だと思っています(^^
保証はしませんが・・・。
これで火にかけてパスタを湯がきますが・・・

かなり・・・安心してつつけます。
パット一枚でこんなに違う??
ってのが感想!
いい感じです。
でも・・・これでいけるとは言いたくないので
今回は実は納豆パスタです!
味噌汁を入れた理由が分かったでしょ(^^

ドンって2つ入れてかき回しますと・・・

完成です。
しっかり回しましたが、やりやすかったです。
意外と・・・相性よかった(^^

7.最後に 

今回はST-301を紹介しました。
やっぱり火力が強い!火点が広い!大きな鍋が扱える!
この三拍子は使う範囲が広がりますね。
カップラーメンの湯を沸かすだけなら
オーバースペックかもしれませんが、
調理を考えると結構使えますね。
ご参考までに!


五徳を安定させるアイテムは

こちらも合わせて。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です