スポンサーリンク

外遊び屋です。
お盆キャンプ・・・準備できてますか?
最大の悩みは・・・暑さではないでしょうか。
キャンプで暑くて夜寝られないとなると・・・
せっかくのキャンプも台無しになりますね。
結構キャンプの睡眠って成否を左右しますから。
なんとかこの暑さ対策をしなければなりませんね。
今回・・・実体験から見つけた対策をご紹介します。

1.これまでの欠点 

基本的には外遊び屋は
マットとインナーシュラフで夏は対応しておりました。
インフレータブルのマットなら比較的熱がこもらないし、
インナーシュラフは生地が非常に気持ちいいのでそれほど
難儀をしたイメージはありません。ただ・・・やっぱり汗がでると
マットがペットリしてくるのがちょっと不快なんですね。
やっぱりだんだん暑くなってくるし・・・。
まぁ改善しようとは思っていませんでしたので
不満も特にありませんでした。
ホント・・・

こんなの一枚で肌触りよくなり気持ちいいです。
ちなみに外遊び屋はSea to summitの物を使用してます。
お気に入りで旅行にも持って行きます(^^

スポンサーリンク

2.今回の発見 

キャンプにはそれなりに不便はつき物なので
解決方法までは考えてなかったのですが、
今回実は熱中症になり、寒くなって震えるというレベルに
行きました。無事に用事は終わったのですが、
家に帰ってから始まった体の熱。
熱い!体が熱くて仕方がない!!
非常にしんどい、横になっても体から出る熱で
布団が熱くなり寝れないんですね。
冷却ジェルマットも使用しましたが・・・
一時間ほどでかなり熱くなり、冷却してくれません。
ただただツライ・・・
そんな時間でした。

3.解決方法 

あまりにもツライ時間でした。
眠れない時間とふらつく頭でなんとか対策を考えました。
冷却ジェルマットも放熱させればずっと涼しいのでは??
つまり放熱させるスペースを下に作れば行けるはず・・・
で・・・考えたのが・・・

コット!
そういえば夏涼しいとも聞いたことがあります。
ここに冷却ジェルマットを敷いて寝れば・・・
体からとった熱をさらに下に放熱してくれるのでは??
ということで試してみると・・・

めっちゃ冷たい!

しかもずっと!

これなら・・・寝れました。
しっかりと朝まで!
しかもまだジェルマットは冷たいままです。
下に空間ができるって素晴らしい・・・。
気をよくしたので後日もう一度外で実験。

大成功!

結構冷たいまま使えました。
これなら、暑い夜もしっかり寝られそうです!

4.最後に

今回は・・・ホント身から出たコマというべきでしょうか。
ホント、これで結構いい睡眠がとれそうです。
使ったアイテムは

こんなコットです。
脚がしっかりしているので安定しております。
詳しい性能は格安コットをご覧ください。
これに・・・
この組み合わせです。
ちなみに冷却ジェルマットはあまり表面がごつくない方が冷たいですよ。
これで・・・お盆の暑い夜も快適に眠れる?はず・・・

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事