スポンサーリンク

外遊び屋です。
DODさんから発売された新しいタープが
結構遊べそうです。
その名前が「ムゲンタープ」
相変わらずのネーミングですが(^^
機能も相変わらず魅力的に作っております。
いや・・・場面に応じて使い分けられる多様性に加えて・・・
小分けの総菜販売的な便利な面もあるので
ご紹介していきたいと思います!

1.基本スペック 

まずは、基本的な機能から。
サイズは320×220です。
このサイズ・・・実は外遊び屋には
馴染みが深いサイズです。
っていうのも

モンベルのミニタープHXとほぼ同じサイズです。
という事から考えると・・・
大体大人二人と、小さなテーブル、クーラーが
入るくらいですかね。基本的にはソロキャンプに
特化しているサイズですね。

さらに素材がポリコットン!
最近DODさんはポリコットンがブームですね。
確かにコットンに比べて扱いやすいし、
ポリエチレンに比べて火に強いなどメリットも多いです。
この時期なら影も比較的濃く涼しさを担保してくれるのも
有難いところ。ただ・・・ちょっとお値段が上がるのが難点(^^;
また・・・
ポール用の穴がかなり多い!
基本タープは張り方が決まっていて、案外オリジナルに張るのに
穴がないなぁってことがあります。
しかしこのムゲンタープ320の辺に5つ、
220の辺に3つの穴があいています(角は共通)
なので、必要に感じるところにポールが立てられる。
結構助かる要素ですね。
そして色が、青、赤、白ですね。
緑があればいいのに・・・。
最大の魅力は・・・

連結可能!

いやそんなの他のタープでもできるよって
意見もあるでしょう。
ただね・・・この連結方法

ファスナーです!

タープなんでかなりのテンションがかかりますが、
これに耐えうるファスナー!スゴイの見つけましたね(^^

スポンサーリンク

2.魅力 

やはり魅力・・・というより取り上げたいと思ったのが
連結できる機能ですね。
外遊び屋自身もサイズに合わせて3枚のタープを持っています。
大きい物、ソロ用、通常サイズの3つですね。
流石に・・・かさ張ります。
これが連結することによって使い分けられるので、
収納スペースが確保しやすいです。
また・・・
急に人数が増えても比較的簡単に増設出来ます。
いったんタープを下す必要はあるでしょうが、
畳んで次のを出差なければいけない事はないでしょう。
さらに何枚でも連結できるので、好きなサイズまで大きくできます。
なんなら・・・・テント二つを収めるタープにもできそうです。
グルキャン時にもう2ルームテントは要らない??(^^

3.ちょっと残念な点 

こうならもっと遊べそうなのに~っていう点ですね。
一つ目。
構造上仕方ない場面もあるでしょうが、
4辺がファスナーならもっと形にも広がりが出たんじゃないかと。
とはいえ、変形させてもタープが張れなければ意味がないんですが、
それも考えてタープを張る。自分の判断でポール立て、ロープ張るのも
面白いなぁって思いました。テトリスみたいな形に張れると、
見栄えも楽しそう(^^
二つ目。
ポールが別売。これはDODさんの商品にしては珍しいと思いました。
一つ買えば基本的に成立するイメージでしたが、ポールを買い足さなければ
立てられないという事ですね。タープポールはいろいろ数持ってる方が
多いので、それを考慮したかとおもいますが・・・
やはりここは立てられるまで面倒見て欲しかった・・・
三つ目。
色が・・・赤、青、白。
緑が欲しかった!
個人的な理由なんですが、外遊び屋はこれらの色が
あまり使わない色なんですね・・・。
まぁ三枚並べてフランスの国旗のようにするっていうのも
面白いかと思いますが。
四つ目。
ファスナーが心配。
これは実験やデータで大丈夫でしょうが、
やはりテンションがかかるのを心配するならば、
ここが心配な点ですね。
いやファスナーじゃなくそれに対する縫製などなど
それに伴う部分も出てきますからね。不具合が多くなければ
良いのですが・・・。あと・・・ファスナーに泥を噛んで
破損するってとこですかね。これは使用者の問題にもなるので
残念な点というより気を付けるべき点ですが。

4.最後に 

それにしてもDODさん。
さすがに面白い製品を売ってきますね。
外遊び屋的にはすでに8月ということも考慮して
そろそろ新製品の発売はないだろうなぁと思っていました。

浅はか!

DOD師匠!攻めています。
今後もこの師匠の活躍から目が離せません!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事