欲しい種類と張り方!タープ初心者が熱く語る!

Pocket

外遊び屋です。
初心者、中級者、上級者を語るのは
非常に難しいですね。
外遊び屋も経歴は長いし、カヤックでお客さんを
ガイドしてた経験もありますが・・・
オートキャンプになると一気に5年程度の経歴。
しかも・・・カヤックなどのキャンプとオートキャンプでは
全く違う種類と言ってもいいほどの差がありました。
正直びっくりするぐらい。
なので・・・外遊び屋はいつまでたっても初心者だなぁと思います。
というのも・・・
外遊び屋・・・タープをそれほど張ることがありませんでした。
ガイド時にお客さんの日陰づくりに所有していましたが・・・
最終的には木陰があるところで休憩しますよね。楽だし(^^;
カヤックキャンプでは夕方まで移動しているので、
張る必要が無かったんですね。
そんな外遊び屋が最近タープを張るようになり・・・
何となくやりたいことが出来てきて、欲しい物もあるので
ちょっと整理しながらまとめていきたいと思います!

1.所有タープ 

とはいえ、外遊び屋もタープを所有しております。

3枚

張らないっていう割には持ってるでしょ(^^;
まぁコレクターですから。
まずは・・・

ミニタープ!
カヤック用ですね。
三人くらいなら頑張れば日陰に入れます。
めちゃくちゃ小さいので車載はもちろんカヤックでも
問題なく乗せれます。
張り方のバリエーションが効く上にパドルでポール代わりになるので
有難いんですね。

また・・・

もうこのキャンプは何もしないぞ!
時間たっぷりあるから!
って時の勝負タープがこちら!
ムーンライト7型がすっぽり収まって
更に前室代わりで畳2畳分以上が確保できるデカさ。
だから・・・

広告

気合のある時にしか張りません(^^;


残念ながら今使用しているタイプはすでに廃版・・・。
でも色合いは合っているでしょ(^^

このほかにももう一枚頂き物があります。

2.問題点 

どちらの製品も性能的には問題ありません。
ポリコットンなどに比べても十分影はできるし、
防水も問題なし!正直完璧な商品です。
流石モンベルさん!

でも!

現在の不満点はそのサイズ・・・
ミニタープ380cm!
ビックタープ500cm!

デカいか小さいか!の選択です。
いやもうちょっと使いやすいタープがあってもいいかなと
思わないでもないです。
そしてどちらもヘキサタイプ。

いやね・・・
いまちょっとスクエアタイプが欲しいんですね・・・。

3.やりたいこと 

色々書いておりますが、実際今やりたいことには
ヘキサ型ではちょっとやりずらいかなって事です。
つまりは・・・
テンマクデザイン ムササビウイング13ft.Cotton“焚き火”versionちょっと違いますが、片側だけ上げる
張り方をしたいんですね。張り綱もあんまり
使わないタイプ。
というのも・・・

コット買ったし~
手軽にお昼寝できる日陰が作りたいな~
って事なんです。
という事で・・・現在・・・


これでいいんじゃないかとも思っています(^^;
何するんだって感じですが・・・。
しかもコットが水色ですから・・・

ミスマッチ・・・

う~ん・・・

4.最後に 

色合いさえ考えなければいい値段なんですよね・・・。
もうちょっと探してみますが・・・1,000円ですからね。
魅力的な値段です。
とりあえず暑いうちに使いたいので、探していきたいと思います!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です