オガ炭の着火方法と使い方のコツ!美味しいBBQの為に!

Pocket

外遊び屋です。
炭火と言えばホームセンターで
安いマングローブ炭が一般的では
ないでしょうか。
火付けも楽で手に入りやすく安価。
現代の炭文化の下支えと言っても過言でないと
思っています。
しかし!
もっと!
もっと炭火を楽しみたい場合・・・
様々な良い炭があります。
今回はその中から外遊び屋が愛用する
「オガ炭」をご紹介したいと思います!

1.オガ炭とは 

オガ炭とは・・・おが屑で作られた炭ですね。
オガライトって聞いたことがある方もあるのでは?
オガライトがおが屑で作った薪材なので、これで作った
炭という事ですね。
ちなみに備長炭などと近い種類だそうです。

2.オガ炭の長所 

オガ炭の良いところはたくさんあります。
箇条書きでいきますね。
1.火持ちの良さ
オガ炭はかなりの燃焼時間を持ちます。
時間を測ったわけではないですが、
外遊び屋が友達と焼肉している間、
炭を足さなくても十分です。
これはつまり・・・少量の炭で足りるんですね。
2.強い火力
オガ炭はかなりの高火力を発揮してくれます。
ちなみに・・・手をかざせないくらい熱くなります。
バーベキュー協会さんによると・・・
手をかざせないくらい熱いのは280℃以上らしいです。
同ページによると焦げるくらいの火力・・・
そりゃそうですよね(^^;
しかし・・・ちゃんと焼けば時短で焼けるので
早く焼けますね。結果的に・・・少なくてすみます。
3.爆ぜない 
炭とはいえ、マングローブ炭は爆ぜることがあります。
パチパチいうアレですね。
火傷をする原因にもなりますが・・・
オガ炭の場合は不純物も少ないので爆ぜにくいです。
たしか・・・。
4.香りがよくなる 
オガ炭はマングローブ炭と違い刺激臭がありません。
なので、食材の香りを楽しませてくれますね(^^
加えて・・・食材から落ちた脂が燻すので
食欲をそそる香りでますね(^^

3.短所 

むろん短所もありますよ。
1.マングローブ炭に比べると高い
これは・・・オガ炭が高いというより
マングローブ炭が安いっていう方が適当かと・・・。
しかし・・・燃焼時間が長く、消し炭として
再利用すればほぼ変わりません。
ちなみに外遊び屋はオガ炭に変えて・・・
ワンシーズンで使用料が半分以下にになりました。
結果的に・・・若干安くなりました(^^
2.火付きが悪い
これは一般的ですが・・・オガ炭は火付きが悪いと言われます。
しかし・・・慣れるとマングローブ炭よりも
着火しやすいっていうのが外遊び屋の感想です。

4.着火方法1

オガ炭は人工的に作られているため
形が均一なんですね。
なので火をつけるのも楽です。
例えばですが・・・

着火剤に対して周りを囲むようにくみ上げて

飢えもかぶせてしまいます。
消し炭使ってますけど(^^
この状態で中の着火剤に火をつければ・・・

あとは勝手に火がついてくれます。
着火剤が燃え尽きた後に少し火が弱ければ
炭を集めておいておけば徐々に火が回るでしょう。
ほぼ隙間なく埋められるので火があたらずに
着火出来ないって事がありません。

ただ・・・これよりも安心な火の起こしがあります。

広告

5.着火方法2 

正直こちらの方が格段に楽です。
コツとしては
「オガ炭の中の穴に火を通す」
オガ炭は真ん中に穴があいております。
ここに火が通れば・・・勝手に煙突効果で
火が回ってくれます。
まずは・・・

ネイチャーストーブを使用しておりますが、
着火剤に火をつけます。
そのあとに・・・

立てるようにしてオガ炭を入れていきます。
また消し炭ですが(^^;
この状態で待つこと5分程度で・・・

火がお越しりますね。もう5分時間を置けば
カンカンです。

立てているとかなりの火力があるのが
お分かりいただけるかと思います。
ちなみにこの方法ネイチャーストーブが無くてもできます。
着火剤を置いてオガ炭を立てる際に・・・
火をつけないオガ炭で周りを囲めば中心のオガ炭が立ちます。
これで最初に真ん中に火をつければ・・・
火は回っていきます。
形が均一なのは本当にこんな時にありがたいですね(^^

6.火力調整 

ここ一番で火力を上げたいときには・・・

炭を縦置きにします。
すると横置きの時より急に火力が強くなります。
自らの穴を生かした煙突効果ですね(^^
これでダッチオーブンの上の火に炭を大量に置かなくても
十分に強火になりますよ。

7.消火方法 

火持ちが良いので、燃え残ることが普通にあります。
というかいつも燃え残っています。なので・・・

画像にも消し炭が多い!

水をかけても消えますが・・・
外遊び屋は・・・
缶箱に入れて密閉して消しています。


Daisoさんのこんなやつですね。
これに入れると酸欠で消えます。
冷ますのに時間がかかりますが、
炭を干す必要が無いので楽ですね(^^

ただ!!

火が消えた後も非常に高温になります。
芝サイトの場合は直接置かずに、
またお子さんなどが手を触れないように、
そして蹴飛ばさない所においてください。

非常に危険です!

8.最後に 

今回はオガ炭について書いてみました。
外遊び屋はこのオガ炭に変えて使用量が
かなり減りました。やはり火持ち+火力が良いと
一回に使用する炭の量も変わってくるんだなと思います。
加えて・・・刺激臭がなくなったので料理がおいしい!
実感するには焼鳥の塩がおススメ(^^
ちょっと試していただきたいですね。
ちなみに・・・
オガ炭買うときは一級を買わなくてもいいと思います。
2級は小さいのが多いですが、バーベキューでは
気になる大きさでないですから(^^

ちょっと安いし・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

「オガ炭の着火方法と使い方のコツ!美味しいBBQの為に!」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です