スポンサーリンク

外遊び屋です。
先日のキャンプで急な雨がありましたが、
タープのお陰で助かったことがありました。
ホント・・・なんでも備えておく物ですね(^^
しかし問題になったのが・・・

タープの大きさ

それほど気にしていなかったのですが、
もう少しちゃんと考えた方が良いなぁと思いました。
今回は新規購入に際してサイズを含めて
検討していきたいと思います!

1.現状分析 

現在外遊び屋のタープは

まずこちらのミニタープHX!
購入動機はカヤックの日陰づくりですね。
カヤック時には漕ぐパドルがありますのでポールを
必要としませんでした。
それでモンベルさんの購入となりました。
防水、日陰の強さも問題なく結構快適に使えております。

2人で過ごすには良い日陰を落としてくれます。
サイズ的には338cm×280cmです。
特に不満もない上に、ポール4本使って
前面を上げれば視界も確保できます。

ね?悪くないでしょ
不満はないのですが・・・ちょっと狭い。
いや・・・雨が降るとちょっと不便なんですね。
どうしても濡れない範囲が狭いんです。
もともとの購入意図がカヤックでの日陰づくりで
雨除けは期待しておりませんでした。
カヤック時はお客さんも水着に近いのでびしょぬれに
なることもそれほど意に介しません。
むしろ雨が降った中海で泳ぐと、海面が雨に打たれて
結構綺麗なんですよね。海抜0メートルで
是非見て頂きたい光景になります(^^
比べて・・・もう一つ・・・
こちらですね。

さすがビックタープです。
オートキャンプが前提にあるため生地が厚い!
なので影の濃さ、防水とも文句無しです。
加えて大きさが・・・
約500cm×500cmデカい!!
このサイズになると張綱を張ると必要面積が
倍程度になりますよね・・・。
つまり・・・
通常の区画サイトでは張りにくい・・・
という事態になります。
いや・・・どちらも問題ないんですよ。
むしろ優秀な逸品だと認識しています。
ただ・・・問題の大きさが・・・・
という事で新規のタープ。この二つの中間あたりを
探していきたいと思います。

スポンサーリンク

2.理想形 

やっぱり大きさは400cm程度がよさそうですね。
使い勝手がよさそう。加えて影が濃い方が良いので
それなりの分厚さが必要になります。
撥水性もありますからね(^^
この分厚さの検討には重さを見ることだと思っています。
ちなみに先ほどのミニタープが700g程度ビックタープが2100g
となると・・・やはり1500g程度の重さが必要かな。
むろんポール抜きで。
ここで残念なことが・・・
大好きなモンベルさんにはこのサイズ無かった・・・
ひょっとして・・・あんまりないサイズなのかな・・・

3.最後に 

条件は出そろった物のまだこれっていうのはありませんね。
時間をかけて探していきたいと思います。
これを機にコットンに手を出してみてもいいかなぁと
思っておりますが、色がね・・・。
テントのグリーンと合うかどうか・・・。
悩み中です。
また候補が上がったら改めて。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事