腹が減るとイライラするから。キャンプ飯は効率敵に!

Pocket

外遊び屋です。
今回は鳥取県は倉吉市にある
大山池野営場にお邪魔しております。
到着後・・・チャチャっとタープを張り、
テントを出すのも面倒だったので
車内泊の準備を行いました。
設営が超楽ですから(^^;
設営後のお昼寝をたっぷり楽しんだら
食事の準備です(^^
今回は効率よく進めていきたいと思います!

1.時間を考える 

今回はスタンダードに焼肉を選んでおります。
という事で必要なのは、炭火とお米です。
お米も炭で炊いてもいいんですが、時間短縮と
失敗を恐れてガスで炊きます(^^;
ここで考えるのが必要時間。
・炭火を準備して火が回るまで20分
・お米を浸す時間20分
・お米を炊く時間10分程度?
・お米を蒸らす時間20分程度
といったところでしょうか(^^
これをこの順番でやっていくと食事にありつけるまで
1時間以上かかってしまいます。
という事で少し工夫。
お米は焼肉の最初に間に合わなくても早いうちに間に合えばよい。
と考えますね(^^
となると・・・
まず・・・
・お米を研いで浸す・・・所要時間5分程度?
・炭火に着火する・・・5分程度?
・食材の準備とご飯を炊くバーナーの準備・・・ごそごそ・・・
としていると何となく20分経ちお米が炊ける状態に。
ここでバーナーにお米をセットして炊飯にかかります。

ここまでが20分程度ですね。
この時点で炭に火が回るので
お肉を焼きだします。
最初は・・・

ホルモンから(^^
ホルモンの脂が火をさらに短時間で
まわしてくれると期待しております。
そしてお肉が焼けだした頃に・・・

炊き上がり!
蓋をして蒸らしていきます。

ここまでで開始から30分
お肉を食べ始めて5分といったところでしょうか。

広告

最初はライトに

ベーコンなんかも焼いてみたり(^^
このベーコンも炭火で焼くと別物でした。
今度からベーコンは欠かさないようにしよう・・・
なんてことで20分蒸らし時間が経過・・・

はい!ご飯も到着!
肉を食べ始めて25分後に揃いましたね。
う~ん ちょっと時間かかりすぎですね。
流行りお米は到着したらすぐ研いでおく
必要がある様ですね。
外遊び屋のように晩酌の場合ならばよいですが
お子様が要る場合は早めに浸す必要がありそうです。

2.それでもウマイキャンプ飯 

今回外遊び屋的には非常に満足のいくキャンプ飯でした。
焼肉に一番合う飲み物は・・・

コメ

って感じましたからね。
美味しい空気の中食べるキャンプ飯は・・・

ウマイ!

の一言です。
さらに今回炭火で焼いたベーコンが激うま!
いやそれなりですけど、うまいんですね。
お米を包むともう・・・うまっ!!

それと今回実践したラージメスティンでの炊飯。
メスティンとの相性はあまりよくないのですが
先日「メスティン何合炊ける?データから見る適量考えてみる
で検証した量で行ったところ・・・
成功でした!
やっぱりギリギリまで入れちゃダメですね(^^;

3.簡単な片付け 

キャンプ飯の片づけは結構面倒な物・・・。
いい具合にお酒が回っているし、できるだけ楽に済ませたい。
という事で今回敢えて使っていたのが


こちらです。
人数が少ない上にガッツ食いするメンバーでないので
ゆっくりしたペースで食べる場合はこちらですね。
煙突効果で火力がかなり強くなるので、焼く時間も短縮です。
そして表面がかりっと焼けますね。多分(^^
火起こしも実はこれなら10分かからずに火が回ります。
更にうちわなどであおぐ必要なし!
ホントに優秀なアイテムなんです。
これの後片付けは・・・

食事後に盛大な焚火です(^^
焚火の熱と炎で脂を焼き切ってくれるので
冷めた時に軽く厚手のウェットティッシュなどで
軽く拭けば終わりです。
この時に使った網も火にさらしておけば
網の脂も焼き切れて綺麗になりやすいです(^^
まぁ・・・邪道ですけれども(^^;

4.続きます 

まだまだ続きますよ~!
実は今回2泊の旅になっておりまして・・・(^^
次回は朝ごはんに新アイテムを使ってみました。
結構便利!
なのですが・・・明日書くかはまだ未定です。
書きたいことがたくさんありすぎて・・・(^^;
ともあれ・・・続きます!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です