スポンサーリンク

外遊び屋です。
ご存知メスティンです。
メスティンは炊飯、焼き、煮る、蒸すと
万能クッカーですね(^^
ちなみに外遊び屋はメスティンでの炊飯は苦手ですが・・・(^^;
まぁ詳しくは後日に託すとして、
メスティンでのパスタが一番楽だと思っています。
例の水を捨てなくてもパスタが出来るってやつです。
この簡単レシピながら結構難しい水分量。
これを克服するためにスープパスタに挑戦です。

1.水を捨てないパスタの場合 

さて、メスティンは簡単だよ~と言われながらも
意外と失敗も多いのも事実。
外遊び屋も失敗したことが結構あります。
まず・・・

ナポリタン風です。
作り方は簡単なんですね。

具材を入れてサラダオイル大匙一杯と
水をリベットあたりまで入れて、
後は混ぜながら水がなくなるまで火を通せば
簡単にできるわけですが、外遊び屋の失敗は・・・

早茹でパスタを使ったこと

外遊び屋は外遊びの際に早茹で3分のパスタを
使用しております。
というのも、外遊びでは湯の温度が低かったり
スグに冷めることが予想されます。
なので、早ゆでの方が芯が残りにくく
早く調理できるのでお客さんを待たせることが
ないんですね(^^
しかし!この場合!!

湯が沸くまでの時間はいつも一緒だし、水分を飛ばす必要がある。
こうなると・・・。

茹ですぎになります。

そう。
もちゃもちゃパスタになってしまったんですね・・・。
なので・・・メスティンでパスタを作る際は・・・
7分前後のパスタを使用することをおススメします。

スポンサーリンク

2.失敗しないための対策 

それでもちょっと心配ですよね。
一人の時はいいけど、たくさん人がいる時の失敗は
裂けたいのが素直な気持ちです。
そこで今回・・・。
スープパスタにしてみようと思います。
結局混ぜながら調理することを考えると
それほど手間的には変わらないかなと思います。
調理は簡単なんですね。これも。
今回はバジルソース風スープパスタです。

・玉ねぎ少量
・おろしニンニク小さじ一杯くらい
・コンソメ2個
・乾燥バジルお好み
・パスタ2束
・牛乳リベットが完全に隠れるまで
使用機器:ラージメスティンです。

こんな感じで玉ねぎに火が通るまで
煮ていきます。
ちなみに外遊び屋は

調理中は蓋を逆さにして使います。
理由は取りにくいから(^^;
これならスグに開けて中の様子が確認できます。
しばらくすると・・・

玉ねぎに火が通ったらパスタ投入。
後は混ぜながらお好みの硬さになるまで
湯がいたら・・・

完成です!
ブラックペッパーを忘れちゃいました(^^;
これならもちゃもちゃパスタの心配もなく
綺麗にできます。

ウマイ!

更に・・・スープの残りをパンにつけると・・・

さらにうまい!!

3.最後に 

無水にするのが面倒だからスープにしちゃえっていう
安易な考えから浮かんだ案ですが、
意外と有効だなぁというのが感想です(^^
しかしパスタを下茹でしないのでちょっと塩味が強くなります。
なのでコンソメや牛乳の量を増やして調整するのも
有効ですね。
これで・・・メスティンのキャパが広がったぞ(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事