ホットサンドクッカーの使い方!性能テストで調べよう!

Pocket

外遊び屋です。
ホットサンドクッカーも種類が増えてきました。
外遊び屋も・・・

二つ持っております(^^
ご存知ニトリさん(1,000円程度)と
定番バウルーさん(4,000円程度)ですね。
この二つ。
何となく保温などに違いはありそうだなぁと
思いますが、実際どう違うのか・・・
実験していきたいと思います。
その性能差で使い方を考えていきたいと思います!

1.実験方法 

ホットサンドクッカーの重要なところは
蓄熱性と、温度の上がり方だと思います。
温度の上がり方は火加減でもなんとかなりそうですが、
やはりじわじわと温度を上げ具材の中に火を通し、
蓄熱性でクッカーを裏返した時にも熱を維持させる。
これにより外はカリっと、中まであったかいが
完成すると思っています。
これを検証するために
ホットサンドクッカーに水を張り湯が沸くまでの時間。
さらに蓋をして冷める時間までを計測し、
温度の上がり方と、蓄熱性を計測したいと思います。
実験道具としてしようしたのは
イワタニのジュニアバーナーと水180ccです。


火点が狭いので焦げやすい欠点がありますが、
使用が手軽で頻度も高いのでこれにしました。
ただ・・・火力は何となく同じくらいです(^^;
水180ccはどちらも全面水没するだけの量でした。

2.ニトリさん 

では早速・・・

実験開始です!
まずはニトリさんから。

まぁ・・・沸騰したとみてよいでしょう。
この時間・・・

1:34

まだ比較できないのでこれが
早いのか遅いのか・・・。
ではここから冷ます実験です。

蓋をするのにもたついたのもあるのですが
既に温度70度です。
あれ???

2分後・・・ポッポ・・・


60℃になりました・・・

更に1分後・・・ポッポ・・・

58℃・・・ゆっくり下がってますね。

そして・・・3分後・・・ポッポ・・・

6分を過ぎたところで50℃を切ってきました。
まぁここまでですね・・・。

広告

3.バウルーさん 

続いては同じ方法でバウルーさんです。

では早速行きます。
さてさて・・・
ん?やや時間がかかるかな・・・?

あ・・・ちょっと弱いけど沸騰したとみてよいでしょう。
あんまり長く沸騰させる差が出ちゃいますから。
時間は・・・

1:35

大体同じくらいですかね。
では早速計測に入ります。

最初から76℃ありますね。
計測までの時間はニトリさんの時と変わらないです。
それほど・・・

1分後・・・ポッポ・・・

ここで70度になりました。
時間を合わせるべきでしたね(^^;

更に2分後・・・ポッポ・・・

まだ61℃と60℃以上をキープしております。

そして・・・結局50℃を切ったのは・・・

7分以上たった後です。
この時間でも51℃なので8分近くかかったようですね。

4.比較 

では比較です。
沸騰までの時間

ニトリさん 1:34
バウルーさん 1:35

ほとんど変わりませんが、
バウルーさんの沸騰が若干弱かったことを
勘案するとニトリさんの方が熱伝導は高そうです。
それでも同じ時間で沸騰していますので
大きな差はないと思います。
しかし気になる点が・・・
最初の計測温度の違い

ニトリさん 70℃
バウルーさん 76℃

沸騰がアマイ感があったバウルーさんの
方が低いかと思いましたが、意外と高い。
沸騰時点が100℃近いはずと思うと
ニトリさんはわずかな時間で冷めたことになります。

更に50℃を切るまでに2分程度の差が出ました。
これは蓄熱性がバウルーさんの方が格段に
優っているって事ですね。

5.使い方 

まずニトリさんから。
この実験により蓄熱性が弱いことがでましたね。
ここから想像できることはひっくり返すたびに
温度が下がるので余熱で火を通すという事は
苦手ですね。
普通にホットサンドを焼くと外は焦げて中は
まだ火が通ってない状態になる可能性があります。
それを回避するためには・・・

回転を速くする。

つまり、ひっくり返す頻度を高くして
温度の低下を避けるって事ですね。
なので、弱火で温度を上げすぎずに
時間をかけて焼いていくしかありませんね。
でも・・・
これがライスサンドならどうでしょう。
あったかいご飯を入れた場合、
さっと表面を焼いてかりっと短時間でできますね(^^
焼きおにぎり向きなのかもしれません(^^

バウルーさんの場合は・・・
じっくり火を通すときに向いてますね。
冷めにくいので両面を温めれば
保熱で中身まで温かくすることが可能そうです。
フライパン機能なんかもこれで助かりますね。
まぁスタンダードなバウルーさんと工夫が必要な
ニトリさんといったところですね。

6.最後に 

さて長々と書きました。
値段程度の差が出たといったのが正直な感想です。
使い方としては格安ホットサンドクッカーを
使う場合は蓄熱性を意識して回転数を増やすことと
火加減を弱めにするといったことですね。
それを気を付ければ十分に使えるアイテムだと思います。
美味しいホットサンド焼いていきましょう!


安定の品質!焚火に突っ込んでも損傷無しの頑丈さ!
焚火のおつまみ造りはこれに任せろ!


安価でハードユースも躊躇なく使用!
使い方の把握で十分戦力になります。

外遊び屋のFacebook「外遊び企画推進室」では更新情報の他に
ブログになる前の情報や、ブログに乗せない情報などもあります。
よろしければこちらもお願いいたします   

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です