購入レビュー!ユニフレームのキャンプ羽釜!炭火でもウマイ!

Pocket

外遊び屋です。
またやっちゃいました・・・

勢いでの購入・・・
いや・・・この商品を知った時から買うだろうなと
分かっていました。
そう。
ユニフレームさんのキャンプ羽釜。
店舗に探して見に行ったところ・・・
開封してまで見せて頂き・・・
店員さんと仲良く会話を楽しんだ・・・
なぜか帰りにはこいつを抱えてました。
不思議ですね~(^^;
結論から言うと・・・
買って大正解です。
使ってよかった理由なども踏まえて
ご紹介していきたいと思います!!

1.キャンプ羽釜の魅力 

購入前にどうしても欲しいと思った理由。
それは、キャンプで炊飯に注目が集まる!
っていうところです。
キャンプの炊飯はいつも緊張するし、
注目されないのに、失敗すると気まずいっていう
ハイリスクローリターンな作業ですよね。
うまくたけた時に一人でニヤリと笑っている状態。
しかし・・・
この羽釜なら、最初に出した時の注目されること
間違いなし!一気に主役に躍り出てくれるはずです。
さらに・・・
提灯に代表される和テイストに非常に
魅力を感じる外遊び屋・・・。
この和テイストに惹かれない訳がありませんね(^^
まさに米を炊いているっていうビジュアル・・・。
これは買わないわけにはいかないでしょう(^^

2.基本スペック 

詳しいスペックはユニさんの
販売ページにお任せします。
ユニフレーム(UNIFLAME) キャンプ羽釜3合炊き 660218
さしあたり基本的な事だけ。
まず大きさは・・・
同じユニさんでいうとライスクッカーミニと同じくらいの
大きさです。もっとわかりやすく言うと・・・
CB缶5本くらい?余計分かりにくい?(^^;
ちなみに3合炊きです。なので・・・一人暮らしの
炊飯器の釜の大きさを想像していただけると
近いですね。
素材はアルミです。なのでIHは使えません。
これでIH使えたら出番も増えましたが・・・
ちなみにアルミも使えるIHもある様なので
IHの説明書をご覧ください。
また・・・本体より蓋の方が重い!!
これが羽釜の魅力ですね。

3.開封 

では早速開封・・・

ビシッと!商品名が書いてあります。
うん!和テイスト!

しっかりと梱包してあります。

はい!かっこいい!やはり取っ手が付いているのは
有難い!持ち運びが便利なだけではなく
焚火ハンガーでも使える使用。
こういったところかなり嬉しい!
そして・・・

綺麗な説明書!
最近説明書がしっかりしていないことが多かったので
ちょっとこれだけでも嬉しい・・。

そして中には・・・

3本の線が入っております。
説明書によると・・・

水の目安を入れてくれいるんですね。
これもありがたい。
他人に準備を任せられます。
「お米洗って2本目の線まで水入れといて~」
で済みますからね(^^
今までの
「お米洗って指の第一関節まで水入れといて~」
だと大体不安になって水加減で帰ってきますから(^^;
ちなみにこれは水に漬け込む前の水位です。
吸水する前に合わせられるのも楽ですね。

3.シーズニング 

基本的にはキャンプ羽釜にシーズニングが必要とは
書いてありません。しかし・・・
店員さんとの会話中に
「アルミだから必要かなぁ」
って事で話が盛り上がりました。
シーズニングっていうのが、
メスティンなどでする米の研ぎ汁で
行う儀式です。
正直、効果があるのか分からない上に
綺麗なアルミ鋳造。必要かなぁって
思っていましたが・・・

説明書に
「使用中に内部に白いぶつぶつが発生する事あり。
水道の塩素との反応で、気になる方は研ぎ汁で
15分程度煮沸すると進行しにくくなるよ」
って記述がありました。
あ~そうなんか。ならやっておこうかって感じで
行いました。やり方は簡単。

研ぎ汁を釜の8分目程度いれて

蓋をして中火にかけ

煮沸する事15分・・・


完成です。
大きな変化は見られませんが・・・
ちょっと色がくすんだくらいのイメージですね。
しかしこのシーズニングで分かったことが。

広告

かなり蓄熱性が高い!

中火ではなかなか煮沸に至らず
更に火を止めてもしばらく熱かったです。
つまり・・・炊飯時には最初は強火が必要!
って事ですね。あとしっかり蒸らしてくれますね。
これはかなり楽しみ!!

4.実践 

それでは早速実験炊飯に入ります。お米2合で。
まずお米を洗って30分程水に浸けます。
釜の中の線はちょっと薄暗くても分かりやすかったです。
また30分浸けても水が減った感がありませんでした。
たまにすっごい減るのはお米の影響なんですかね(^^;
早速

強火で炊いていきます。
10分程で・・・

なんだか美味しそうな吹き出し・・・。
いやがうえにも期待値が上がりますね。
ここから5分ほどで水分が飛び・・・
よい加減になってきました。
火を止めて10分程蒸らすと・・・

出来上がり!
分かりにくいかもしれませんが・・・
今までの炊飯の中で一番の米の輝きです。
米が立つとはこういう事か!!
かおりも立ち・・・

めっちゃうまそう!!

こんな美味しそうなお米には・・・

カラスミで食します。

5.実食 

正直・・・激うま!
コメめっちゃウマ!
芯が無いとかのレベルではなく
お米に腰を感じる・・・炊飯器とは
また別の食感。香りも立っています。
むろん期待値分の相乗効果もあると思いますが、
期待以上のうまさです。
これ炭で炊いたら・・・
更に高まる期待値ですね(^^

6.使用感 

実際・・・お米研いで内側の線で水調整もできるので
かなり手軽にお米を炊くことが出来ました。
この辺りユニさんの思いやりを感じますね。
経験値でなくマニュアル通りで作れるのは
嬉しい限りです。
更に蓄熱性が高いので、最初は必ず強火がよいです。
ちょっとビビって中火くらいだと生ぬるいお湯にお米を
長くさらすことになるので味が落ちそうです。
加えて今回非常に嬉しく思ったのが・・・
羽釜の羽?の部分?
実はバーナーでお米を炊くとき、
吹きこぼれた水分がバーナーにかかり
そのあとの掃除が面倒でした。
しかし・・・。

羽の部分で一度受け止めて直接下に水分が垂れません。
なのでバーナーが汚れることが無いんですね(^^
何度か使用しましたが、羽を通じて下に落ちることは
あってもバーナーに落ちることはありませんでした。
これも気に入った要素の一つになりました。
さらに・・・
蓋がかなり重い!
つまり圧力でお米を炊いてくれます。
アルミのクッカーやメスティンは
蓋も軽く水分がすぐに溢れましたが、
蓋の重さのお陰で噴き出す水分が再び
釜内に戻って循環してくれるんですね。
美味しいはずだ。
いやメスティンでも美味しんですが、
さらに美味しいです。
でも思えば・・・兵式飯盒でご飯炊くとき
その上に石を置いている画を見たことがあります。
蓋を重くしてご飯を美味しくしていたんですね・・・。
今更ながら納得です。

7.最後に 

長々と書きました。
正直ビジュアル勝負と思っていた商品が
非常に有益なアイテムだったので書くのも
力が入ってしまいました。
さすがユニさんって所でしょうか。
お手軽に使えるので・・・

鳥ご飯なんかの炊き込みご飯を炊いてみたり・・・
現在この記事を書いている最中も
鯖缶で炊き込みご飯作っています。
美味しいお米ってホント魔力を持ちますね(^^
ホント買ってよかった!
でもね。これはマニアなアイテムっていうのは分かってます。
ただ・・・コメ・・・うまいですよ(^^

2018.05.01追記

炭火を使って炊き込みご飯作ってみました!
素材はお米とマツタケの吸い物の素、
そして水のみです。

作り方は一緒ですね。
ご飯2合に吸い物の素2つを入れて
30分浸します。
そして・・・

炭を多めにして強火で行きます。
ガスと違い温度の上がり方が緩やかですね。
沸騰するまで10分程度かかりましたが、
一度暖まると炊き上がりは早かったですね。
吹き出しが終わり、チリチリと音がしたら・・・

完成!
蒸らす前なので少し水分が多いですが、
お米がピカピカです(^^
味は・・・
ガスとはまた違う感じですね。
これってホント美味いわ・・・・。

20181012追記

秋になって炊き込みご飯を作るようになりました。

簡単なレトルトですが・・・

簡単にできますね(^^
これならキャンプ中にも簡単炊き込みご飯ですね。
先日キャンプで他の飯盒でご飯炊いたら

やっぱり羽釜が美味しいね

って相方に言われちゃいました。
さらに帰りがけに・・・

車のスペースを犠牲にしてでも持って行きたいと・・・

はい。
次から必ず持って行きます(^^;

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

「購入レビュー!ユニフレームのキャンプ羽釜!炭火でもウマイ!」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です