ユニさんのネイチャーストーブを使いやすくカスタマイズvol.1

Pocket

外遊び屋です。
最近外遊び屋の遊びで活躍が目覚ましい

ユニさんのネイチャーストーブラージです。
その使いやすさと魅力は・・・
1.小さいけどパワフル焚火台!ネイチャーストーブラージ!
2.ユニさんのネイチャーストーブがかなり遊べる件
かなり力説しております(^^
だがしかし!
この遊べるコンパクト焚火台にも欠点・・・まで行かなくても
こうするといいんじゃないかっていう点があったので、
そこを追求してきたいと思います!

1.ちょっと気になる点 

ネイチャーストーブラージは非常に遊べる焚火台です。
着火も楽な上に炭も使える!加えて小枝で焚火が楽しめる!
この「小枝」がちょこっと問題。
大きな焚火台なら大抵の薪は放り込めばよいのですが、
焚火台が小さくなると薪を選ぶのも当然の事。

このように薪を小さくしなければ入りません。
大きいのを入れると倒れちゃいますから(^^;
加えて・・・せっかく開いている前面の投入口が
役に立っておりません(^^;
ここから薪を投入できれば結構楽に燃焼できますよね!
なので・・・

こんな感じですね。
ただ・・・これでは先端が燃えるとまだ燃えてない
側が重くなり薪が倒れてしまいます。
級に倒れるので危ないんですね。
なので・・・・これを乗せる台があれば
安全に燃やせるのでは??

2.乗せる台を探す 

台の高さは15㎝程度。むろん高熱になることが
予想されるのでプラスチック製品は使えませんね。
できればキッチンラックの感じでいいのが無いかなぁと
探していたら・・・
ありましたね。ニトリに!
流石ニトリさん!目的外使用にも定評があります。
それで買ったのが、こちら!

広告

細かい仕様は

こんな感じです。

結構しっかりとした太さのある構造!


がっつりと脚をキャッチして話しません。

かなりの安定感です・・・

これはお値段以上・・・

感じ的には

こういう風になります。
先が燃えたらちょっとづつ押していけば
ずっと燃焼してくれます。
これなら穴にさえ入れば薪として機能してくれます。
折らなくてもいいしね(^^
早速フィールド実験でも良い感じで燃えてくれました。
ただ・・・燃焼している点が宙に浮いてしまっているので
燃えた炭が下に溜まっていきます。
これが灰になる前の状態で残ってるので
焚火を終える際にはこの炭を完全燃焼させる必要ありです。
まだまだ改良を考えていかなきゃいけないかな~。

3.最後に 

基本的には、非常に遊べる焚火台ですね。
燃焼がかなり良いので・・・

柱のような木材も燃えました。
焚火台に自重があるので安定感もあります。
ちなみにこいつは1時間くらい燃えたので
ネイチャーストーブの忙しく薪を投入することが
無かったです。ほんと・・・遊べる・・・
次は・・・前面の穴があいている所を
アルミで自作してみようかな・・・・

ユニフレームのネイチャーストーブラージの詳細は・・・

加えて薪代として使うなら・・・


こちらなら高さが18cmなので、燃焼効率がさらに良いかも・・・

外遊び屋のFacebook「外遊び企画推進室」では更新情報の他に
ブログになる前の情報や、ブログに乗せない情報などもあります。
よろしければこちらもお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です