超高速炭火おこしを試みよう!

Pocket

外遊び屋です。
アウトドアも見られると緊張するものも多いですね。
その中の一つが炭火おこし。つかずに何度も火をつけるのも
かっこ悪いですが、ちゃんと火がついているのに「まだ?」
って顔で見られるのもつらいですよね。
火が回るのには時間かかるんだって~!って言いたいですけど。
あの「まだ?」感。なんともプレッシャーですよね(^^;
なので・・・なんとかパッと火が付かないか!
今回これを検証していきたいと思います。

1.着火方法を変える 

今までは七輪を使う事が多いので七輪に松ぼっくりを入れて
その上に炭を置いて火を起こしていました。
いや・・・これで十分火が付きますよ。ホントに。
ただ、5分で火を回そうというのも難しいですね。
また・・・


チャコスタを使うのも便利で楽ですけどやっぱり時間はかかります。
これらのアイテムはじわじわと火を回していきます。
それでも一般的には早いんですけど。
なので・・・
今回はガンガンの焚火に放り込んで強制的に着火してしまおう!
と思います。

2.使用アイテム 

という事で、外遊び屋の簡単着火の高火力の焚火ができる


この子を使います。火力も強いので一気に火をつけようという作戦です。

まずは松ぼっくりを入れて・・・

綺麗に並べました。
これは失敗!火力が上がりませんでした。
綺麗に並べすぎて気道が確保できませんでした。
なのでいつも通りに適当に放り込むと・・・

やっと火が出た火が出た!
このままほっといたところ・・・

確かに火は付きました。
が・・・いつもと同じくらい?
裏面はちゃんと白くなっていました。
なので・・・

早速本番にかかりたいと思います。

広告

3.火は起きたのか? 

結果から言うと・・・普段通りと同じでした。
結局炭は表面は火が回っていますが、中までは
まだ回っていない状態。つまり・・・火を集めないと
それほど熱くない状態でした。
なので・・・

ホルモン焼いて脂で強制的に火を回します。
加えて、七輪で火を起こした場合、着火時の火で
七輪が温まりますが、この場合は炭を入れたところから
あったまっていくので、最初は全く熱くありません。
なので、逆に炭の熱を取られて火が上がりづらい状態でした。
上昇気流が起きにくいので、空気が引き込めず火力が上がりにくいんですね。
これは正直計算にありませんでした。
いくら着火に便利でも火を移した時に火力がさがっちゃダメですね。

4.とりあえず食べる 

せっかく火を起こしたので・・・

焼肉~!!
まぁゴタクをしこたま並べましたが・・・
炭火焼肉はやっぱり美味しいですね(^^

焼肉の前では・・・

米はのど越しです(^^

そして・・・

飲む!

幸せ!!

5.最後に 

今回の実験は失敗です。
これははっきり言いますね。
原因は七輪が温まるのに時間がかかったこと、
結局は高火力で焼いても炭の中までは火が回らず
炭が白くなっても熱が低かったことです。
ある程度時間はやっぱり必要なのかもしれません。
ただ・・・まだあきらめておりません。
ならば!七輪で松ぼっくりを多量に入れてみてはどうかと
思っています。あまり七輪で火を大きくはできませんが、
今までは如何に少ない松ぼっくりで着火できるかを
追求していましたが、ちょっと視点を変えてみたいと思います。

外遊び屋のFacebook「外遊び企画推進室」では更新情報の他に
ブログになる前の情報や、ブログに乗せない情報などもあります。
よろしければこちらもお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です