必須キャンプ用品!エアマット購入の3つの候補!

Pocket

外遊び屋です。
先日ご報告した通り・・・
エアマットが壊れました・・・

大穴が開いています・・・。
むろんこれに修理を試みますが・・・
いかんせん・・・エアマットはキャンプの必須アイテム!
エアマットに限りませんが、キャンプで睡眠をサポートしてくれる
マットはかなりの重要要素です。

寝れないの辛いですから・・・

今回は購入検討で絞った候補を3つご紹介して、
外遊び屋の頭の中をまとめていきたいと思います。

1.購入条件 

エアマットなどのマットもかなりの種類があります。
なんなら・・・


ハードユースも耐えられるこのタイプでも良いわけですが、
外遊び屋はカヤックキャンプにも行くので・・・

コンパクトに収まる!

という事が絶対条件なんです。
小さくならなければ、分厚いエアマットもあるのですが、
カヤックに乗せられること。場所を取らず他の積載を
圧迫しないことは絶対条件です。
だって・・・
マット積んで飲料が少なくなったら死活問題ですから(^^;
これと・・・

厚さは3㎝程度

大体のエアマットはこの基準はクリアしてくれるので大丈夫ですが、
出来れば分厚い方が良いです。
これを踏まえて・・・選んでいきたいと思います。

2.イスカ 

まず第一候補は・・・


現在使用中のエアマットを買いなおすかっていう案です。
コンパクトになりサイズは500mlのペットボトル2本分っていう
ところですかね。
5年の使用の実績もあり、厚さは2.5cmながら
寝苦しいと感じたことはありません。
加えて、裏にスリップ止めが付いていてテント内でマットごと
滑り落ちることが無いんですね。
平坦な場所が多いキャンプ場を利用されていると実感はないと思いますが、
基本的に斜面がおおい砂浜でのテント泊があるカヤックキャンプでは
この機能はありがたいです。
夜中に起きたらテントの端まで落ちてて、じりじりと這い上がることも
なく、朝まで眠れます。
結構ね・・・
重要なんですよ。

広告

3.モンベル 


大好きなモンベルさんの商品ですね。
注目すべきはそのサイズ。
収納時のサイズは11×20!
片手に収まるサイズですね!この大きさなら収納も便利!
ただ心配は・・・寝心地・・・
厚さが7㎝あるので快適そうですが、今までのイスカは中に素材が
入っていたのでマット感ありましたが、これは完全にエアのみ。
その寝心地が気になるところなんですね。
一度モンベルさんで寝てみるかなぁ・・・

4.Sea to summit 

ずばり・・・


こいつです。
実は一番の購入候補です。
その理由は・・・

厚さ5㎝!

群を抜く厚さ!
加えて・・・

14×26と収納もコンパクト!

この二つを兼ね備えております。
実際店舗でも触ってきましたが、かなり良い感触でした。
しかし・・・欠点が・・・
空気を入れる時にはポンプが必要になります。
口でも入れれますが、口で吹き込むと湿気が入り
中の素材のふくらみが悪くなります。最悪カビが・・・
なので、ポンプだと傷みなく長く使えるわけですが・・・
荷物増えちゃいますよね・・・車なら問題ないんですけど・・・。
ちょっとそこが悩みどころです。

5.最後に 

いや・・・迷います。
どれも魅力なうえに・・・
失敗できない選択ですからね。
失敗できないという点ではイスカが有力ですが、
モンベルさんのコンパクトさも魅力だし
Sea to summitのは実際かなり惹かれています。
さていったいどれを買うのか・・・
しかし・・・
オートキャンプの方には縁のないエアマットたちなんですかね(^^;

 

外遊び屋のFacebook「外遊び企画推進室」では更新情報の他に
ブログになる前の情報や、ブログに乗せない情報などもあります。
よろしければこちらもお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です