新兵器投入!焚火台の選び方!

Pocket

外遊び屋です。
現在、外遊び屋は焚火台を探しております。
いや焚火台事態は何台か持っていますので、
必ず必要かと言われるとそうでもないのですが、
車中泊の多い外遊び屋としては、
小さくなって薪の調達が簡単、炭火も使えて
それなりの料理スペースがあるものが欲しいんです。
オートキャンプなどで積載スペースがたっぷりあるときは
スノピの焚火台とたっぷりの薪でよいのですが、
車内でなることが前提の車中泊では、積載に限りがあります。
なので、コンパクト化を狙っていきます。
今回は候補に挙がっていた焚火台の魅力と
最終的に何を買ったかまでご報告したいと思います。

1.キャプスタ カマド 


最初に候補に挙がったのはこいつですね。
まずお値段が魅力的!加えて調理しやすそうな構造です。
むろん炭火も使用可能なので、旅先のちょっとした炙りにも
対応してくれますね。何よりも収納サイズが24×18というサイズ。
これなら車のダッシュボードに入れておけますね。
薪も小枝でいけるので調達も簡単です。
うん!魅力!

2.秘密のグリルちゃん 


常々欲しいと思っていたドッペル師匠の小型焚火台!
ポケットにも入るコンパクトさ!ただ、炭火は・・・?です。
一応網は1,000℃まで耐えれるそうなので問題はないとは思います。
変形する要素も少なそうなんで。
焚火も全方向からつつけるので、しっかり焚火を楽しめそうですね(^^
サイズも24×24と調理スペースは確保されますね(^^
うん!魅力!

3.スノピ風焚火台 


ね?スノピ風でしょう?
形もいいし、オプションアイテムも豊富なので買い足し不要で使えますね。
炭床、プレートが付いているのも嬉しいところ。
かなりオープンに加えて2.4kgとずば抜けた重さで
安定感も抜群!重いという事はもろ刃の剣ですが(^^;
でも大きな薪も支えてくれるので、安心して楽しめますね。
サイズも24.5×24.5なので欲しいサイズドンピシャです。
うん!魅力!

広告

4.ネイチャーストーブ 


現在小さいのを使っておりますが、着火性の良さ、燃焼効率、
熱変形にもかなり耐えれるという実績を持っております。
サイズも21×24なので、他の物と同じく調理スペースが確保できます。
収納サイズも22×22×5.5とそれなりに小さくなります。
火が簡単に着くのはホントありがたいですね。
うん!魅力!

5.欠点を上げてみる 

正直どれも魅力的な一品の為優劣をつけることは
非常に難しいんです。どれも欲しい!っていうのが本音。
しかし・・・一台に絞らなければならないのも今回のミッション!
なので、あえて欠点を上げていきます。

①キャプスタ カマド
 まず、欲しいサイズより少し小さい!また指向性が出てしまうので
 ちょっと使いづらそう。あと・・・安いので今回見送っても
 衝動買いが出来そう。

②秘密のグリルちゃん
 網の着脱に難がありそう。炭火で料理した後に焚火に
 移行するのが大変そう。それと軽くて風に弱そう。
 ちょっと不安が残る・・・

③スノピ風焚火台
 いや・・・文句はないです。
 パチモンのそしりは受けそうですが、安定性、装備と
 文句無しです。敢えて言うと・・・収納時が大きい。
 アイテムが多いですからね。でもそれほど苦になるわけはない。
 魅力!

④ネイチャーストーブ
 すでに小さいのを使っているので新鮮味に欠ける。
 収納時に少しごつい。ってとこですね。

6.結論 

迷った結果・・・

ネイチャーストーブラージ

買っちゃいました。
ほんとスノピ風焚火台と最後まで迷いました。
まったく魅力的にはどちらも遜色ないし、
なんならスノピ風の焚火台の方が一歩有利でしたが、
ユニさんはお店で現物に触れるんですが、
スノピ風は触れないんですね。口コミもいいし、
問題と思ったのですが、スノピの焚火台も使っている分
ちょっとしたところも気になるかも。
比べてユニさんは触った感じに安っぽいところもなく
実績はすでに証明済み。五徳もあるので鍋料理も簡単と
こちらも完全でした。
いや・・・最後レジに行くまで悩みましたね。
長い戦いでした。

7.最後に 

既に締めた感もあるので、長々と書くこともないんですが、
アイテムを迷うのは、苦しいけど楽しいものですね。
まだまだ欲しいものあるからなぁ・・・。
でもとりあえずネイチャーストーブの火入れをしないと(^^

外遊び屋のFacebook「外遊び企画推進室」では更新情報の他に
ブログになる前の情報や、ブログに乗せない情報などもあります。
よろしければこちらもお願いいたします。

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です