手間のかからないキャンプ用品!火起こしの裏技!

Pocket

外遊び屋です。
炭火は季節を選ばず楽しめる外遊びですね。
外遊び屋も年中で炭火を楽しんでいます。
なんでしょうね。
もちろんガスで焼いたり、スキレットで焼くのは
美味しいですし、外遊び屋も良くその手で遊んでいます。
それでも・・・

炭火だと一味あがる

そんな気がしますね。理屈的には網で余分な脂が落ちたり、
ガスと違って燃焼時に水蒸気が出ないため食材に余計な水分が
着かずに味が薄まらなかったり、高温の炭で脂が燻されて風味が着いたり・・・
美味しい理由は枚挙にいとわないほどですね。
ただ、火起こしがめんどくさい・・・って方もおられると思います。
そこで・・・
今回は炭の超簡単な火の起こし方を書きたいと思います!

1.使用動機 

まず、今回の方法は外遊び屋的には本道から外れたの位置づけになります。
やはり炭は焚き付けなどを使って火を起こすことが楽しみですね。
微妙な緊張感・・・思った通りの着火・・・
それがスマートにできることが何よりもかっこいいと思っていますから(^^

綺麗に熾せた炭はきれいですからね。
しかし今回はこの方法ではありません。

こちらのガスでの火起こし器を使っていきたいと思います。
なぜか?バックに移っている七輪ですが・・・


一人でも楽しめるミニ七輪なんです。

ガス缶と並べてもこのサイズですね。
ちょっと軒下で炙りものをやりたいときなどに
重宝しています。風情もありますしね(^^
ただ、小さすぎて着火剤代わりの松ぼっくりと炭が
一緒に入らず、山盛りの状態で火起こししていました。
となると・・・風がある日はやっぱり危険で
火が起こせない事もありました。
なので、検討した結果・・・

これを買ってみました。なんせこの価格ですから試し買いです。
これなら火起こしで火の粉が巻きあがる心配がないですよね。
でも・・・かっこよくないなぁ・・・

広告

2.使用レビュー 

早速使用してみます。
まず使ったガスバーナーは


こいつならば、火からガス缶が離れているので、炭を起こした時の輻射熱で
ガス缶が爆発することはないでしょう。愛用のイワタニのジュニアバーナーだと
熾した炭の真下にガス缶が来るので、危険と判断しました。
昨今事故の多いカセットコンロ2台に鉄板を渡している状態と同じですよね。
それは避けなければなりません。

まず・・・炭は一個で十分くらいですね(^^;
この炭を・・・

コロンとのっけて火をつけます。
この量ですから、これももったいないように見えます・・・
熱して三分ほどで

裏返すとうっすら火はついていました。
このままくるくるまわしながら10分かからずに
火が起きました。
おそらくもう少し炭を置いて、煙突効果を利用してやれば
もっと早く火が起こると思います。また、オガ備長炭なら
真ん中に穴があいているので写真のように横にするより
縦に置く方が効率の良い着火ができ、火の回りも早いですね。
写真を撮らなかったのが失敗・・・
せっかく火が起きたので・・・

ブリの炙り焼き!おつまみに最高の一品です。
こちらもブリの脂が炭で煙となり風味が増しますね。
ウマイ!
正直・・・思った以上に簡単でした。
また七輪程度の炭の量ならこの炭火おこしでいけますね。
急いで火が起こしたいときには良いものだと思います。
あと湿気て火が起きづらい炭なんかはこれでもいいかもですね。
一度これで火を起こして消し炭にしといてもよいかも・・・

3.最後に 

正直簡単で思った以上に使えるなっていう感想です。
バーナーの選定は必須だし、事故のないことが最低条件ですが。
火を起こすのが面倒で炭火やらないって方には良いとアイテムですね。
ただ、キャンプの火遊びが好きな外遊び屋的にはちょっと物足りない。
火を起こすのも楽しみの一つですからね~。でも次回から携行すると
思います。保険代わりに(^^

広告

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでるかも


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です