ニトリダッチオーブン!レビュー~簡単ローストビーフ~

Pocket

外遊び屋です。
ついにやってきました!クリスマス!
これから料理を作らなきゃって方も多いでしょう!
私も丸鶏を焼きたいなぁ・・・。
まだ迷ているところです(^^;
この時期だけはスーパーに丸鶏がありますから(^^
そこで焼く立つのがダッチオーブンですね。
色々料理のバリエーションを広げてくれます。
そして・・・今年話題になったのが・・・

ニトリのダッチオーブン!

ニトスキで一大ブームを巻き起こし、
スキレットブームの火付け役となったニトリさんが
次に打った手はダッチオーブン!
今回はこのニトリのダッチオーブンのレビューと
ローストビーフを作ってみたいと思います。

1.使用して思ったこと 

既に・・・・
ニトリ ダッチオーブン19センチの使用感。使えるかな?
カウボーイ気分でキャンプをしよう!~ニトリのダッチオーブン~
などに紹介してきました。
その後の使用したイメージなどからご紹介したいと思います。
正直・・・初めてのダッチオーブンには十分良いものだと思います。
ただ!蓋のかみ合わせが悪い物もあるので、買う際にはお気を付けください。
また鋳鉄の厚さです。
単純比較はできませんが、
ニトリ:5.36kg(24センチ)
ロゴス:5.50kg(10インチ)
ユニ:5.8㎏(10インチ)
それほど重さによって厚さの違いは出ませんね。
ユニさんは黒川鉄板4.5mmとありますから、純粋に重さを比較するのも
どうかと思うし、24㎝と10インチでは大きさが違うので重さも違う
のは当然ですね。こうしてみると重さによっては鋳鉄の厚さは
比較しにくいですね。
ただ、触った感じ、ロッジと比べると表面が荒いですね。
使用しているうちに気にならなくなると思いますが、
余分な油などはきっちり取れないので、調理前には
一度しっかり加熱して、古い油を焼き切ってから
調理しないと、古い油の臭いが付く可能性があります。
あと、所感として蓋が軽い(データとして持ってません)ので
密閉空間をどれだけキープできるかは疑問です。
蓋のかみ合わせが悪い物もあるので、しっかり選んでください。
総合的な感想としては、
・やっぱり鋳鉄は薄い(気がする)。
・蓋の調整が甘く長時間のグリルには向かない(気がする)。
・表面が荒く油を焼き切る作業が必要(な気がする)。
とどれも弱い根拠な物だけですね。
これで価格が1500円(19㎝)なので、
最初の一個。またたくさん種類を作りたいときのサブとして
持っとくのは非常にアリだと思います(持ってますから)
また、煮込み料理向きですかね。
チリコンカンを作るには良い感じでしたが、
古い油を焼き切る作業を怠ると、臭いが変わるときがあります。
少しですけどね。

広告

2.ローストビーフを作てみる 

今回はローストビーフに挑戦です。
グリルは苦手な感じを持っていますので、
敢えて、挑戦をしてみます!簡単ですしね(^^

今回はオージービーフの厚切りサーロインを用意しました。
普通はモモ肉なんですが、オージービーフは赤みがしっかりしてるし、
少し脂が利いたローストビーフが美味しいし、また
蓄熱性が高いわけではなさそうという事を勘案すると
モモ肉の塊より、こちらの方が火の通りを調節しやすいと思ったからです。
厚さは・・・

このくらいなのでローストビーフとしては薄目ですね。
このお肉に・・・

クレソルをたっぷりまぶしてしばらく置きなじませます。
その間に・・・
ダッチオーブンをプレヒートして前の油を焼き切ります。
そして・・・

油をひいてニンニクを炒めます。香りが出たら

お肉の6面を強火でザっと焼き色が付くまで焼きます。
肉汁を閉じ込めていきます。
焼き色が付いたら、一度上げて、たまった脂をふき取ります。
その後・・・

網を置いて浮かせたら蓋をして中火で10分程度焼いていきます。

金串を中心に突き刺して抜き、先端が熱ければ
火が通ったと判断します。
そして、アルミホイルに包んで放置で20分。
余熱でしっかりと火を通します。
すると・・・

完成!まぁまぁ良い出来ではないでしょうか(^^
これを・・・

半熟目玉焼きに乗せ、市販のステーキのたれをかけて
完成です。

とろ~りローストビーフ丼です!

3.最後に 

美味しそうにできましたが、最初にシーズニングが失敗で
古い油が残っていました。結果・・・
酸っぱい臭いがする失敗作に・・・

無念・・・

これは痛恨のミスでした。もう一度完全に
シーズニングしなければ・・・・

でもニトリのダッチオーブンのせいではありませんよ。
ただ、やはり鋳鉄は薄いかなぁ~。
何となくですが、表面が荒いから前の油も残りやすいのかなぁとも
思っています。外遊び屋はステンレスのダッチをメインとしていたので
気になるだけかもしれません。それにニトスキではそんなことは無いので
単に外遊び屋のミスの可能性が一番高いですかね。
でも次からは、煮込み物に使ってローストにはステンレスを使おうかと思います。

最後にコメントで、ニトスキ15㎝とニトリの鋳鉄両手鍋バージョン(?)を
使えばコンボクッカーとして行けそうって事を教えて頂きました!
スキレットの使い分け!」です。
それも面白そうだなぁと思っています。
早速店舗に見に行ってみたいとおもいます。


最初は格安ダッチオーブンもいいですね。

手入れが面倒で仕方がないって方は、ステンレスを強くおススメします。
外遊び屋もこれで助かっております(^^

広告

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでるかも


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です