ドッペルギャンガーのタープがいい!ライダーズコンフォートタープ!

Pocket

外遊び屋です。
知らないという事は幸せという事ってありますよね。
昔の人は言いました。
「知らぬが仏」
まさにそういう状況ってありますよね。
結構物欲ってそういうものじゃないでしょうか。
SNSとかすると自然とネットに触れる時間が増えます。
久しぶりにほっといたFacebookを見ていると・・・
紹介されていたんですね。
ドッペル師匠のタープ。タープは持ってるんですけどね。
これっていいなぁって思うと欲しくなるし、欲しくなると
お財布と相談だし、他の欲しいものリストとの兼ね合いもでるし
迫りくる1月のお年玉恐慌にも耐えなきゃならないし・・・
苦悩が増えるわけですが・・・欲しいものは欲しい!
ってわけで今回はドッペル先生のタープの魅力に迫って
物欲を書き立たせたいと思います!

広告

1.ライダーズコンフォートタープ 

恥ずかしながら、外遊び屋はこのタープの存在を知りませんでした。
いつから発売になっていたのか・・・
ドッペル師匠のページには2016年出荷分より変更が部分が載っているので
2015年には発売されていたんでしょうかね。
外遊び屋のタープはモンベル先生です。特に問題も感じてませんでしたが、
タープ張ると空間が狭く感じるのがあまり好きではないんですね。
せっかく開放感あふれるキャンプ場に来ているのに、狭くするのが
勿体なくて。でも日は差すと暑いし、雨も気になるときがあるし、
まぁ張ると秘密基地みたいだし悪くないか~くらいの感覚でした。
しかし・・・このタープ!
一本フレームが入るだけで、視界の広がり感が素晴らしい!
では早速!
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア ライダーズコンフォートタープ TT5-282-TN 広い天井空間 軽量2.2kg タンカラー TT5-282-TN
これですね!
先端部分にフレームが入り、ブイの字ではなくアールを描いているのが
おわかりいただけるでしょうか?
これって・・・視界が開けてよさそうです。
秘密基地間は健在だし!
設営方法も基本的に一緒みたいですね。
ただ最初にフレームを入れてからの設営に入ります。
ちょっと立てづらそうですが、ライダーズとうたっていることから
一人で設営も簡単なんだと思います。
先に地面にタープを打ち付けてテンション駆けて行けば
タープ自体難しいことは無いので、大丈夫でしょう。
タープ張ると圧迫感がありますが、かなり緩和してくれそうです。
正直・・・欲しいです。ロープ、ポール付きで一万円を切り、
また、大きさも長さ4mと外遊び屋が好んで使用する
モンベルのミニタープよりも大きめです。

2人でも狭くないレベルかな・・・。
ただ・・・色が黒とナチュラルなので、
他のアイテムとの色合いが合わないんですよね・・・。
それが一番の問題・・・
でも機能的、値段的にはかなり魅力の一品です。

2.最後に 

こうして物欲がまた一つ加算されました。
物欲レベルは日々上がる一方です。
とりあえず衝動買いは抑えておいて・・・
しばらく考えてから行動します・・・が!
またドッペル師匠の魅力的なアイテムを見つけちゃいました。
うわぁ・・・重なるなぁ・・・
また気持ちを落ち着ける意味でもそちらをご紹介しますね。
意外とこうして書くといい面と悪い面が考えられていいんですよ。
結局は欲しいんですけど!

 

広告

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでるかも


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です