厳寒期!ガス缶の低温度対策と対応温度!

Pocket

外遊び屋です。
寒い日が続いておりますが・・・
ふらりと朝日を見に行ってきました。
なんでしょう。定期的に朝日を見ながらコーヒーを
飲まないと我慢できない体質なんでしょうか(^^;
しかしここで困ったのが、ガスバーナーによる
湯沸かしです。気温は3℃。
火が・・・弱い・・・
本日は火が弱い体験と、その対策について書きたいと思います!

1.火が弱いという致命傷 

ふらりと・・・

朝日を見に行ってきました。
やはり海に映える朝日はホントにきれいです。
この風景には・・・

コーヒーがぴったりです。
さらに温かい朝食用に・・・

冷凍の明石焼きです。

完成すればホカホカの卵焼きを出汁に入れて
美味しい明石焼きになるはずでした。

しかし・・・

気温3℃の世界では・・・ジュニアバーナーのCB缶は
役に立たず・・・これなら行けるだろうと持って行った
プリムスはやっとの火を維持できる程度・・・。

油断した!

広告

普段の3倍以上の時間をかけて、コーヒーと朝食にありつけました。
これまで、CB缶でもちょっと火力が弱いな~くらいで終わっていたのが
この状況・・・甘く見ていました。ガス缶の寒さ対策!
必ず行わなければなりません!

2.簡単な温度対策 

今までの外遊び屋の簡易的な温度対策は

ガス缶を覆ってやっていました。
これでも少し違うんですよね。
むろん布質などの工夫で効果はもっと上がると思います。
100均の保温用ペットボトル入れでも代用されている方も
おられるので、試してみてもいいかもしれません。
(今回・・・この袋さえ忘れていたんですね・・・お恥ずかしい)

2.ガス缶を変えて対策 

工夫で対策を行う事が基本だと思いますが・・・
案にも限界があるし・・・自作にも時間がかかる・・・
って事で、とりあえず製品に対策を求めてみることにしました。
①ユニフレームプレミアムガス 


近くのモンベルで販売していたものです。
なんと・・・-10℃でも着火及び燃焼し続けることができるとの触れ込み!
今回の3℃くらいなら全く問題ない温度!基本的に中国地方を根城とする
外遊び屋の行動範囲はこれで問題なく対応できそうです。
しかしお値段が・・・(^^;

②プリムスハイパワーガス


こちらもモンベルで購入!
プリムスのバーナーにはこれしかないと買いました。
こちらはプリムスのウェブページに寒冷地にはTガスとあったのでも
要因の一つですね。
この二つがあれば・・・快適にコーヒーが飲めるはず!
ということで・・・

使うのを楽しみにしています。
こちらも実験を予定しているので、また後日レポします。

3.最後に 

ガスの火力が低いというのはホントに致命傷ですね。
焚火で料理もいいのですが、お手軽な気分な時ほど
ガスの使用頻度が高くなるので、手軽にしたいときに
そのガスが使えないってのがショックでした・・・。
ちゃんと対策していきたいと思います。

広告
Pocket

「厳寒期!ガス缶の低温度対策と対応温度!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です