料理対決!メスティン対スキレット!

Pocket

外遊び屋です。
今やインスタでもおしゃれキャンパーさんにも
欠かせないクッカーと言えば・・・

メスティン

おされな盛り付けに簡単に料理できる性能から
人気なのも頷けますね。
そしてもう一つ

スキレット

アツアツの料理が運べて、ビジュアル抜群!
豪快な料理にも対応。またニトスキの登場で
裾野が大いに広がりましたね。

私にとっても欠かせないこの2つのクッカー。
無意味に対決させてみようでは無いかというのが
今回の企画です。

あくまで・・・どちらが使えるかとかではなく。
単純に同じ料理を作って比べてみようって感じで行きます。

1.対決方法 

対決方法は前述したとおり。
とりあえず同じ料理を作ってみて、手際と味を
比べてみようではないかというところです。
では何を作るか・・・

ナポリタン

外遊び屋のメスティンでの得意料理です。
簡単で美味しい。
では早速行ってみます。

2.メスティンでナポリタン 

メスティンでのナポリタンはかなり簡単です。

メスティンに、パスタ一束とウィンナー。
ケチャップに水を入れます。
水加減は大体取っ手のリベットまでくらい。
このまま火にかけて沸かします。
この時たまにかき混ぜてくださいね。
じゃないと・・・餅になります(^^;
蓋をピッタリと閉めるとあふれ出るので、
沸き始めると蓋を開けてパスタを混ぜた方が
綺麗にできます。そのまま混ぜ続けると
水分が飛んで・・・

こんな感じ。ケチャップが少なかったので
ちょっと足して。

完成です。
特徴は、鍋一つで完結することですね。
また、細かい事も気にしないでもできる。
荷物を少なくしたいキャンプにはもってこいです。
反面・・・茹で加減が難しい。
どうしても水分が飛ぶまでゆでる必要があるので
微妙な茹で加減が私には難しいです。

広告

3.スキレットでナポリタン 

こちらも簡単です。

まずスキレットで湯を沸かします。
そして・・・

パスタを投入です。
スキレットは温度が下がりにくいので
たっぷりのお湯で茹でているのと同じ
要領で湯がけます。
混ぜながら水分を飛ばします。
湯で時間を調整して、水を切ってもOK

ここでたっぷりのオリーブオイルとクレソルを投入!
そして・・・

ウィンナーなどの具を投入して炒めます。
この時に余計な水分は飛んでしまいます。
程よく火が通ったら、ケチャップで仕上げて

完成です。
大盛パスタです(^^
特徴はこちらも鍋一つでできます。
また、水分を完全に飛ばしたり、
茹で加減も調整しやすいです。
また、簡単にできる点もありがたい。
反面・・・メスティンより手間がかかる。
及び荷物がかさ張るって事ですね。

4.比較してみる 

味や食感は正直スキレットの方が上手です。
また、水の調整ができる点でもスキレットの方が
調理しやすいってこともありますね。
でも手軽さや目新しさはメスティンの方が上ですね。
スキレットに盛られたパスタも良いですけどね。
加えて、キャンプスタイルが軽量を望む方は
メスティンが良いでしょう。

5.最後に 

同じ料理を作ってみましたが・・・
結論的にはどちらも美味しいですよ。
大きな失敗が無いのが、スキレット。
手軽にできるのが、メスティンってとこですね。
それに・・・どちらもビジュアル映えしますし(^^
ちょっと遊び心で比較してみても面白いですよ。

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です