キャンプ場の悲鳴?守りたいお気に入りのキャンプ地

Pocket

外遊び屋です。
いつもこのブログ「外遊び企画推進室」をご覧いただき
ありがとうございます。拙い文章および、知識の中で
ただただ、外遊び屋の思い込みの世界にお付き合いいただき、
外遊び屋、感謝の限りがありません。

ありがとうございます。

本日はさらに、外遊び屋の主観のみ記事です。
キャンプ場さんの悲鳴ともいえる状態が2つ聞こえてきましたので、
ご紹介をさせて頂きます。
ただ、このひっそりしたブログを見つけて訪問していただいている
ような方は、ちゃんとアウトドアを楽しまれているものと思います。
なので、情報共有も含めて書いていきます。

 1.石見海浜公園キャンプ場 


9月にお邪魔させていただいた、「石見海浜公園」の
キャンプ場さんより、アンケートが届きました。
正直びっくりです。受付やチャックアウトでもなく
落ち着いたころに郵送でアンケートを送ってくる。
ちゃんと切手も張って。
おそらくすべてのアンケートが返ってくるわけでは
無いでしょうから、無駄が発生しているといえば
発生しているのかもしれませんが、ちゃんと
問題の洗い出しを行おうとする態度が、クオリティの高い
キャンプ場になっているのかと妙に納得しました。
さらに、同封されていた、これまでの意見とその改善点の
明記!素晴らしいと思います。強く再訪したいキャンプ場上位に
一気に格上げですね。
ただ・・・その意見を見ていると恥ずかしくなってきます。
アンケートなのでよりサービス向上の為敢えて書いておられるのだと
思いますが・・・
「天候を事前に知らせて欲しい」系・・・
それは個人で対応すべきではって思います。今は天気予報などウェブで
複数見れます。天気だけでなく風向き、強さが市町村単位で見れるので
それを参考にすれば想像できると思いますね。それを見て不安を覚えたら
現場のキャンプ場に問い合わせればよいと思います。
個人のスキルやアイテムも違うので、キャンプ場さんが判断ってのは
難しいですよね。

広告

と書きましたが、天候を考えての判断は難しいのかな?
雨、晴れは考えやすいけど風の強さはぴんと来ないのか・・・
その辺は一度外遊び屋の基準を紹介してみますね。いつか。

と・・・毎度ながらズレました。
天気天候の判断も含めて、キャンプを楽しんでほしいですね。
不安なら、バンガローや流行りのグランピングの常設テントなど
どうでしょう?これならキャンプできない時は確実に連絡がきますよ。

 2.道志の森キャンプ場 

既にツイッター上で話題になっておりますね。
直火が禁止になるかもお話です。
この道志の森は外遊び屋は行ったことがありません。
しかし、インスタやその他の方のブログを見て
良いところだなぁと思っています。山梨県なので
行ってみてもいいかなぁ考えていた場所です。
そして・・・

直火ができる

貴重なキャンプ場という事。
いろいろ反対意見もありますが、直火はホント風情があります。
直火の焚火の前ではキャンパーはなんと神聖な気持ちになるのか・・・
直火だとチェアを使うより、地べたに胡坐をかいて座りたい気分になります。
ただ、ただ火を味わう。
素敵な時間となります。

その直火が禁止の危機です!
原因は何でも燃やして片づけをしないことだそうです。
当たり前ですが、キャンプ場で行う焚火は
ゴミの焼却ではありません。
ファイアーピットを守る、ちゃんとすべて灰にする。
それぞれのルールがあるので、それに則して
楽しんで行きたいと思います。
直火の焚火は素敵ですから!是非守っていきましょう。

3.最後に 

色々・・・偉そうに・・・書きました。
とはいえ、外遊び屋も完全なキャンパーではないので、
外遊び屋の気づかないうちにルールを外していたり
マナー違反を行っていることもあると思っています。
なるべくは人に(キャンプ場を含む)迷惑をかけずに
趣味を大事にしたいなぁと思います。
今回の二つの事。キャンプ場さんに負担をかけ、
サービスの停止や、禁則事項の増加、最悪閉鎖などが
起こると結局私たちが楽しめなくなるので。
今回は情報共有でした。みんなで外遊びを楽しみましょう!

 

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です