ミッション!食育としてアウトドアを体験させよ!

Pocket

外遊び屋です。
今回は、大きなミッションの為、
「計画編」と「実行編」に分ける予定です。
今回は「計画編」です。
アウトドアを親子で楽しみたい!っていう
相談は年間通じてある、そんな珍しい相談では
ありません。主にお父さんからの相談が多いです。
アウトドアで颯爽と仕事をこなしてかっこよくなりたいって
感じですかね(^^
そのためにも火おこしや料理など所感を伝えます。
アウトドア料理はビジュアルで勝負だ!(^^
あと、なるべく放置でできるようにしといて、
お子様と一緒に過ごす時間がたくさんあるようになど。

しかし、今回の発端は・・・

こんな時代だし、火起こしや、ご飯の炊き方などを
しっかりできるようにしたい。

って事です。楽しく過ごしたいって事はあるでしょうが、
加えてスキルとして身につけさせてやりたいという事です。

これは外遊び屋にとってはちょっと初めての経験です。
という事で、教育・・・食べることメインなので食育としての
アウトドア体験を今回は計画します。

 1.どんな体験にするか 

自然っていいね。外で食べると美味しいねって
感想で終わらせれないのが今回の難しいところ。
まず、お手伝いではなく自分の主体で行動を行い、
あくまで外遊び屋はお手伝いに回ること。
それにより
1.達成感の実感。
お手伝いしたよーではなく、「僕が作ったよー。」
にしなければなりません。
さらに、やり切ったって事ではなくみんなに美味しいと
言ってもらえること。
2.成功体験の確立
これによりまた自分で作って食べさせてあげたい
って思って頂きたい!
また
3.制作過程の理解
想像できないものを作ると今自分が何しているか分かりません。
今自分がこれを作っていることを理解していると、体験が
さらに深まります。

広告

これを小学生低学年の子に体験させる。
とりあえず・・・遠出せず、庭キャンプでの野外炊爨で行きたいと思います。

 2.何をつくるか 

かつて教育施設の野外炊爨学習に行っていた経験からすると・・・

子どもたちに待ち時間のある料理は困難。

ダッチオーブンなど、
「じゃ、一時間待とうか~」
なんて言った日には・・・一時間後に帰ってきません(^^;
ゲームなどなどに夢中・・・
今回もそれは避けなければなりません。
そこで考えあぐねた結果・・・

カレー

もうね。スタンダードに落ち着きました。
火起こしには七輪を利用し、新聞紙→松ぼっくり→炭で火起こしです。
着火剤を使うより実践的で、チャッカマンで新聞紙を燃やせば
後はうちわで軽く仰いでいれば火が付きます。
これなら低学年でもできるのでは?

お米は火を起こす前に研いでおいて、火起こしの時間を吸水に使います。
火が起きてきたら、七輪に置いて炊飯開始。

その後、野菜を洗い、カットは私がするなどして準備!
相すればお米も炊けてくるはず。

後は一緒にカレーを作れば・・・・
一時間半ほどで調理は完成予定・・・
最後に盛り付けをして、両親に食べてもらえば成功体験もばっちり・・・
のはず・・・。
ととりあえずプランの骨子を考えました。

4.最後に 

今回はいつもと違う気分で取り組んでいます。
アウトドアの裾野を広げることにもなるのと、
アウトドアという行為が社会還元できるのかって
事もあるし、お子様を今までお客様扱いしていた
外遊び屋の思考にも考えさせられる経験です。
もう少し煮詰めて、良い体験をしていただけるように
計画したいと思います。
また実践したら、アップします。

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です