おしゃキャンパーでないけどおしゃキャンプ飯に挑戦!

Pocket

外遊び屋です。
宣言するまでもありませんが・・・

外遊び屋はおしゃれキャンパーではありません。

なんせキャンプは周りに人がいないのが好き。
人に見られるより、クールに焚火を楽しむって
スタイルをこよなく愛しております。
だからインスタなどで、森の中でのソロキャンプ。
ナチュラルスタイルとでも言いましょうか。
このスタイルを見ると非常にうらやましく
かっこよく思います。
まぁ嗜好の違いですね(^^

ただ!!

オシャレキャンパーさんの情熱と努力には
頭が下がる思いです。設営にかける時間。
ビジュアルを気にしてタープを交換する美意識!
インスタで見る料理の盛り付け等々・・・

外遊び屋にはできません!

そんな外遊び屋・・・今回は・・・・

オシャレのようなキャンプ飯に挑戦してみます。

 1.キャンプ飯への思い 

外遊び屋のキャンプ飯の原点は、
ホットサンドクッカーで調理する冷凍食品。
コンパクトで保冷剤代わりになる便利なアイテム。
今は野菜も冷凍があるので、ホットサンドクッカーで
挟めば暖まって食べれるようになります。
調味料は塩コショウ、醤油といったところでしょうか。
一泊程度のカヤックキャンプはこの程度で十分でした。

それが!!

オートキャンプ界に入った時は衝撃でした。
ダッチオーブンなどはガイドさんが使っているので
知っていましたし、ローストビーフなどの作成も
知っていましたが・・・
インスタに並ぶカフェのような食事!
なんと、パセリが添えてあったり、色がきれい!
こんな世界もあるんだ・・・
それからいくら歳月が過ぎようとも・・・
外遊び屋のキャンプ飯はビジュアル映えしません(^^;
まぁいいんです。
今回はおしゃれメニューですが・・・

ドーンとやって、バーッとして、ビシッと食べたいと思います。

 2.チーズフォンデュに挑戦 

なんと!今回はチーズフォンデュに挑戦です。

そんないおしゃれじゃないじゃん

広告

ってのは受け付けません。
外遊び屋にはかなりのおしゃれ度です(^^
でも細かい事は出来ない・・・
やりたくないので・・・もっとも簡単なやり方です。
まず最初に!

中心にスペースを開け具材をダッチオーブンに
入れます。
こうしてみると・・・雑ですね(^^;
このまま蓋をして20分ほど。
具材に火が通ったら・・・

火が通りやすい具材と表面を削ったカマンベールチーズを
入れて再び蓋を閉めて10分ほど。

完成です!
めっちゃ簡単!
しかもウマイ!
反省は、エビを早く入れすぎました。
火の通り加減を考えて入れていくべきでした。

 3.最後に 

こうして写真を見ると・・・
やっぱり色味が悪いなぁ・・・
ダッチオーブンはなるべく大きいものを使うことを
おススメします。意外と具材が入らないです。
ただ!
簡単にできるし、おもてなし料理にも使える感じですね。
チーズは数個用意しとく方がよいかもですが。
チーズフォンデュのハードルが下がりました(^^7

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です