キャンプの燃料問題を考える

Pocket

外遊び屋です。
外遊び屋はカヤックキャンプからキャンプにはまったため、
オートキャンプは不慣れな時期がありました。
今思えば・・・オートサイトに小さな2人用テント・・・
買いたてのスノピの焚火台L・・・
ツールームテントが立ち並ぶ中、このちっちゃいサイト。
当時はキャンプはそんなものだと思いましたが、
今思うとミスマッチだなぁと思います(^^

その時に思ったのがバーナーやランタンの多様性ですね。
今回はちょっと燃料について書いてみようかと思います。

 1.燃料問題 

バーナーだけの問題でもないんですけど、燃料が問題ですよね。
ご存知、バーナーもしくはランタンでも電池式、充電式、ガス式、
灯油などの燃料式などなど・・・見た目で選んでいると・・・

燃料がばらばらでその確保と運搬に苦労する

ってこともあります。ここはセオリー通り燃料は統一がおススメですが。
なかなかね。ガス式でもCB缶とOD缶の違いもありますので、正直
全てを統一ってなかなか難しいと思います。なので・・・なるべくって
くらいで(笑)だって・・・バーナーとは違いますが、ランタンは
ハリケーンランタンなど灯油で付ける物が雰囲気がでますからね~。
なるべく統一して、燃料手配を楽にしましょう。

広告

 2.ガス式の違い 

ガス式にCB缶とOD缶と書きました。
CB缶はつまりカセットボンベ。鍋とかでよく使う普通のガスボンベですね。
OD缶はアウトドア缶。ホームセンターのアウトドアコーナーにあるちょっと
変わった形のガスボンベです。こちらのブログを見てくださる方は結構ツワモノ
が多いようなので説明もいいかなと思ったのですが、一応説明です(笑)

 3.カヤックキャンプでは 

参考にもなりませんが・・・カヤックキャンプではほぼ燃料は統一します。
車と違い積載がかなり制限されるため、いろいろな燃料を積む余裕はありません。
また、停滞もありますので、できる限り手に入りやすい燃料を選びます。
外遊び屋の主力は電池とCB缶が使用できるバーナーですね。
それさえあればなんとか生きていけます(笑)

 4.最後に 

本日は燃料についてちょっと書いてみました。
外遊び屋の中でも葛藤があるんですね(笑)かっこいいと思うものが
必ず自分の意識する燃料とは限らないですからね。でも欲しい!
その自分の方向付けといったところでしょうか(^^;
燃料問題・・・車の積載に余裕があれば解決するのかなぁ・・・

 

広告
Pocket

「キャンプの燃料問題を考える」への2件のフィードバック

  1. 外遊び屋さん、こんにちわ。

    自分はランタンは乾電池。
    バーナーはCB式です。
    ランタンは乾電池でも種類があるので、できれば統一した方がいいですね。
    ちなみに自分はジェントスのランタンが3種類あります。単1と単3です。サイズと光量で仕様が違うので仕方ないですが乾電池2種揃える(予備含め)だけでも荷物にはなります。
    まぉコンビニでもすぐ買えるからいいんですけどね。

    1. jitsuo.hさんこんばんは!
      燃料とういか・・・エネルギー問題というか
      地味に重要ですよね!
      電池も意外とバカにならないし、充電式は
      不安もあるし・・・
      でもそれを理由に増えていくんですよね。アイテム。
      物欲が・・・^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です